商品詳細

※お使いのディスプレイやモニターにより実際の色と異なって見える場合があります。

備後絣刺子織利休帽 藍染(S-L)

びんごがすりさしこおりりきゅうぼう あいぞめ

品番: N4093-L~N4093-S

14,040~15,120 円(税込)

ポイント:130~140Pt

日本製
  • サイズ(S-L):
数量:
カゴに入れる
規格 品番 価格 在庫
S N4093-S 14,040円
M N4093-M 14,040円
L N4093-L 15,120円

日本三大絣の一つ「備後絣」の利休帽。

160年以上の歴史を持つ伝統織物「備後絣」は、江戸時代から広島県福山市で生産されていた生地です。
歴史ある備後絣刺子織を贅沢に藍染に仕上げました。

藍は人類最古の染料とも言われ、世界各地で使われていました。
平安時代までは宮廷や上流貴族が身に着ける高貴な色とされ、鎌倉時代には武士が消炎や解毒、止血の作用があるため、鎧の下に藍を身に着ける習慣が定着しました。

庶民の間で花開いたのは江戸時代。
藍染は日本人の生活が生活していく中で古来から欠かすことのできないものとなりました。
衣類等に藍染が使われていたのは防虫、殺菌、紫外線防止の効果があり、夏は涼しく冬は暖かいという理由で今でも根強い人気があります。

藍染の原料となる蓼藍はタデ科の一年草。
手塩にかけて育てた「蓼(たで)」から染料を採取し、丹念にカメをくぐらせた藍染は、心に沁み込んでいくような深い風合いをかもし出します。
身に付ける人はもちろん、見る人の心も癒してくれる魅力は、時代を超えた日本の彩りならではと言えましょう。

洗いを重ねるごとに色が変わっていくのが特徴で、時を経て自分だけの色合いになり、渋さと愛着がましてくるところが、藍染本来の愉しみ。
藍染は、育てる喜びを味わう事のできる「生きている色」なのです。

また、補強と保温のため厚手の刺子織で仕上げましたので、重厚感がありながら、柔らかさもキープした肌触りは嬉しい限り。

幾人もの職人の手を渡りようやく誕生した「備後絣刺子織利休帽 藍染」。
是非この素晴らしさを感じてください。


商品詳細

サイズ S(54‐56cm)/M(57‐59cm)/L(60‐62cm)
※全サイズマジックテープで調整可能。
※上記以外のサイズをご希望の方は、備考欄にご記載いただければ特注でお作りします。
また、マジックテープ使用ではなく、ぴったりサイズを合わせたい等、ご希望があれば特注でお作りします。
但し、期間は2〜3週間お時間を頂戴しますので、予めご了承下さいませ。
素材 表地:綿100%
裏地:ポリエステル100%(綿オーガンジ風で通気性が良いポリエステル生地を使用)
高さ 9 cm
製造 日本製
取扱注意 型崩れしやすいので、洗濯はお避け下さい。
汚れが気になる場合は、固く絞ったタオル等で汚れを拭き取って下さい。
藍染は天然草木染めの為、色落ちしていきます。強くこすった部分は色が落ちて白くなります。その変化していく風合いをお愉しみ下さい。
ご注意 ※こちらの帽子は、糸からオリジナルで縫製しているので、画像と色(柄)が異なる場合がございます。
※この商品はひとつひとつ手作りのため、ご注文からお届けまでに1-2週間かかります。

関連カテゴリ:
履物・小物 > 小物 > 帽子
新商品一覧
買い物かごへ