日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

アルパカ混ロング作務衣


室内着としても重宝な一着です。



これはいわば洋の視点で創った和洋折衷の“はんてん”です。



天然素材であるウールに、カシミヤと並び称される天然高級素材アルパカを加え、より暖かくお洒落に、かつ高級感も醸し出しました。



彩りは大人のお洒落を感じさせる茶。織りは伝統的なヘリンボーンの柄を採用しました。

総裏付で暖かさも云うことなし。また、袖には柔らかなジャージを用い、柔らかな着心地と共に保温性もアップさせています。ご覧のように着丈が長めなので、腰まで暖かなハーフコート感覚で着こなしていただけますし、あわせが自由に変えられるため男女兼用で着られるのも魅力のひとつ。



ちょっとそこまでの外出用としてはもちろん、秋冬の夜長を愉しむための室内着としても、ぜひお薦め致します。

トラックバック (1) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
日本サッカーホールディングス
アルパカ トコトコ: ペルーに行った時にあちこちでアルパカを見かけましたが 正直言って汚いのであまりカワイイ!という印象はありませんでした。 がっ・・・・かわいいよ、かわいい。 リャマとアルパカ―アンデ...
2006/12/12 22:10
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。