日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
透かし作務衣 , 95~96年の作務衣

藍紗作務衣(あいしゃさむえ)

透明感から生まれる涼感。



目で感じる涼しさがあります。その代表とも言うべきが、“紗(しゃ)”の装い。炎天下を涼しげに歩くお坊様や女性の姿は、身にまとった“紗”のおかげで強く印象に残っているものです。



あの感覚を作務衣に生かしたい――というわけで完成したのが「藍紗作務衣」です。



この透明感は、“絽”と比べても圧倒的。肌着の白さが透かされて、清烈なまでの涼感が目に飛び込んできます。



この夏の主役――あなたの印象は見る人の心に強く残る事でしょう。
- トラックバック (0) -