日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

夏の装いの代表・麻


熱を発散し、汗を吸う。天然素材の力と魅力。

夏の装いの生地素材として、常に上位に挙がるのが"麻"。

自然の恵みそのままのシャリッとした爽快な肌触り、身体の動きなどに合わせて出来る適度なシワ具合など、その魅力は昔から今に至るまで、実に多くの人々をとりこにしています。



麻は、クワ科の一年草「麻」から製した繊維や織物です。茎の皮から繊維をとり、麻糸が作られます。麻は中央アジア原産で、熱帯から温帯にかけて栽培されています。また、種子からは油がとれるなど、生活に欠かせないものでした。



植物学上では五十種類もあると云われる麻ですが、装いの素材として用いられるのは限られており、「亜麻(あま)」と「苧麻(ちょま)」のみ。



そのうち、夏着尺の最高峰として賞賛される上布(じょうふ)に用いられるのは苧麻の方です。



麻の繊維にはストローのような通気口があり、身体の熱を発散させ、同時に汗を吸い取る動きをします。



さらりとした肌触りを創る天然のこの作用力が、高温多湿な日本の夏の衣料素材として最適ということもあり、麻はこの季節になると様々な意匠となり、人々を愉しませてくれます。



琵琶湖の自然と伝統を織りなす芸術品。七百年の歴史を誇る「近江上布」

「近江上布」の発祥は、鎌倉時代といいます。

琵琶湖を源とする愛知川(えちがわ)の豊かな水と湿度が、この地の麻織物を全国的に有名にしていきました。



特に、苧麻(ちょま)から手で紡いだ上質の糸を平織りにする麻織物――すなわち「上布(じょうふ)」の産地としては、現在でも越後や宮古などと並び五本の指に入ると云われています。



「上布」とは、麻を使った上等な平織りの生地のこと。いにしえから、上質な麻を使った素材は重宝され、高級素材の代名詞でもあり、太古の時代には生地のグレードで「上布~中布~下布」と大別されていました。



また、織り上がった反物に、職人の手によってしわ付け加工をする「しぼつけ」技法は、全国に名を馳せています。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

秋葉ちぢみの里を訪れて(2)


新たなる「ちぢみ」を求めて越後へ



そんなスタッフのもとへ朗報が届いたのが、今年の初め。

有名な「ちぢみ」の里である近江と双璧をなす新潟は小千谷の近くに、先取気鋭の名称がいると言うのです。

取るものもとりあえず、スタッフは新潟県は板尾の地に降り立ちました。



出迎えてくれた名匠の名は、島昇さん。



鼻息も荒いスタッフがぶつける作務衣に対する思い入れを柔和な笑みで聞きながら、島さんはやがて「分かりました。やってみましょう」と快諾の一言。



いにしえの伝統を現代に普及させたいという両者の思想が一体となった瞬間でした。



伝統と先進が生む「秋葉ちぢみ」とは?



小千谷は世に名高い「ちぢみ」の里のひとつですが、その品に勝るとも劣らないとの高い評価を近年得ているのが、板尾の「秋葉ちぢみ」。



ちなみにその名は上杉謙信由来の秋葉神社にちなんで名づけられた、歴史的に由緒あるものとか。

いやはや不勉強でしたと頭をかくスタッフに、島さんは「その伝統をより広めるために、私、コンピュータも使っているんですわ」と意外な一言。



伝統の技術を網羅した品だと、どうしても価格が割高になってしまう。

そこでコンピュータを駆使した最新技術を導入すれば、伝統の味わいと品質を損なわずに、しかも皆様の声にお応えした価格の品を生み出すことができる。



それにより、もっと大勢の人々に「秋葉ちぢみ」の素晴らしさを堪能してもらいたいのです、という島さんの話は、伝統と先進の融合による進化を目指す、当会の作務衣に対する志の一端とまさに同じもの。



創立15周年にのぞむ当会の気概と、板尾の地から温故知新の叡智を秘めた「秋葉ちぢみ」を発信せんと意気込む島さんの技とが融合した、創立15周年特別企画の「秋葉ちぢみ」作務衣。



夏を席巻しそうな勢いを秘めて、今堂々のお披露目と相成りました。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

秋葉ちぢみの里を訪れて(1)


先人の叡智が生んだ夏のための技



ややもすれば、その暑さにうなだれがちになる高温多湿な日本の夏。

しかしながらそれは、祭り、夜店、花火など、一年中で最も日本人としてさまざまな情緒を堪能できる季節でもあります。だからこそ先人たちは、夏の風物詩を心地よく楽しまんと、装いにも多彩な工夫を凝らしてきました。



その優れた発想のひとつが、肌との接触面を少なくすることで涼感を得ることのできる「ちぢみ」と呼ばれる技法でした。

「ちぢみ」を採用した当会の代表的な夏の作品の一つに近江縮作務衣がありますが、この時期になると引く手あまたの人気ぶりになることを見ても、先人の叡智工夫は時を越えた素晴らしいものだと再認識せざるをえません。



しかしながら、さすがに審美眼を磨くことに長けた会員の方々、「『作務衣の専門館』と呼ばれるならば、現状に満足せず、さらなる優れた『ちぢみ』の新作を追及せよ」とのお言葉しきり。



もちろん当会としても、以前から新しい「ちぢみ」の研究に勤しんではいたのですが、折りしも今年は当会創立15周年。会員の方々からのお言葉に加え、「ちぢみ」の新作を生むための焦りは増すばかり…。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

近江麻ちぢみのふる里 近江路を行く(3)


近江商人たちは、天秤に郷土の特産品を積んで諸国を行商した。

八幡商人は、麻織物・蚊帳・畳表。五個荘商人は、野洲晒(やすさらし)・高宮布・編笠。日野商人は、日野椀・日野きれ・薬などなど…。



なかでも、八幡商人が行商した麻織物は、鎌倉時代から愛知川町・秦荘町・五個荘町・多賀町などで織り続けられてきたもので、「近江麻ちぢみ」として親しまれてきた。



特に夏場は、麻独特のひんやりとした感触が汗をかいてもベトつかない点が、諸国の人々に大変よろこばれたという。



近江の商人たちは、故郷の産物をもって諸国に行商に行き、帰りには行く先々の産物を仕入れ、帰りの道中で商いをしながら故郷に戻った。

その工程には、全く無駄がなかったと言われている。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

近江麻ちぢみのふる里 近江路を行く(2)

江戸末期から明治初期にかけて活躍した近江商人のルーツは、織田・豊臣時代にまでさかのぼる。



天下統一をめざした織田信長は、商業の振興を図るため、誰でも自由に商売のできる「楽市楽座」を定めた。



近江八幡と五個荘のほぼ中間に位置する安土に築城した信長は、安土城下にも楽市の制を定めたため、各地の商人が集まり、商業が盛んになった。



しかし、本能寺の変で信長が倒れるや、安土の商人たちは、新たに豊臣秀吉が築城した近江八幡に移った。秀次も商業振興に力を注いだため、近江八幡は自由商業都市として大いに栄えた。



しかし、それもつかの間、秀次が秀吉の怒りをかって天正19年(1591年)清洲に移封され、代わって入城した京極高次もわずか5年で大津へ移り、近江八幡は城下町としての機能を失ってしまった。



残された商人たちは、近江八幡だけでは商売にならず、やむなく天秤棒をかついで諸国へ行商に旅立つこととなった。これが、いわゆる「近江商人」の起こりである。
- トラックバック (1) -
カタログ和服こぼれ話

近江麻ちぢみのふる里 近江路を行く(1)


昔の人々は、琵琶湖のことを「近江の海」と呼んだ。モヤのかかった日は対岸が見えず、まるで海を見ているような錯覚におそわれたからだ。



織田信長が天下統一を夢みて城を築いた「安土」は、この豊かな大湖・琵琶湖の湖東地方にある。そして、この湖東地方は、「近江麻ちぢみ」などの特産品を諸国に売り歩いた近江商人発祥の地でもあった。

信長こそ、「近江麻ちぢみ」を諸国に広めた陰の功労者だ。



万葉の時代から我々日本人に親しまれ、あまたの詩歌にうたわれてきた琵琶湖。楽器の琵琶にその形が似ていることから、その名がつけられたという。



この湖では、今も昔と変わらない定置漁法「魞網(とりあみ)」は、琵琶湖が発祥だといわれている。

ホンモロコ・フナをはじめとする魚類、瀬田シジミなどの貝類が、現在も琵琶湖の特産として名高い。中でもフナは、昔の人の生活の知恵から生まれた「鮒ずし」に姿を変えて、最も有名である。



また、琵琶湖の湖東地方は、近江商人の発祥の地でもある。

とくに、近江八幡・五個荘・日野には、現在も白壁と堀を周囲にめぐらし、白亜の土蔵をもつ豪壮な家屋敷が建ち並び、往時の近江商人の財力と暮らしぶりをしのばせる。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話 , 透かし作務衣

透かしの美学の準主役・肌着について


「透かしの美学」を取り上げるにあたって、その美学をさらに活かすポイントをご紹介いたします。



透け感を活かすには“いい肌着を合わせるべし”というのが洒落者の鉄則。「透かし」の粋にて、着る人も見る人も涼を楽しめる紗が初夏からの主役ならば、重ね着にて透かして見える肌着はいわば準主役。



だからこそ、よりいっそうの気遣いとこだわりで選び、袖を通したいものです。



衣装に凝ることはもちろんですが、折りしも汗の季節、素材にも手は抜けないことは言うまでもありません。



お勧めは、夏の素材の代名詞“麻”の肌着です。

本麻ならではの爽快なシャリ感、優れた通気性、そして重ね着した紗を透かして放つ潔いまでの白の清々しさは、この季節ならではの、粋な着こなしの楽しみと言えましょう。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

紗つむぎ作務衣開発秘話(2)


不均一な糸づくりから、織りまで、昔ながらに…



どんな着物だったのだろう?研究心と好奇心が半分ずつ。

あれこれ調べてみた結果、答えをくれたのは、絹織物の産地として有名な桐生(きりゅう)からでした。



紗のような透明感とシャリ感、それに相当な着道楽だったことを考えると、多分それは「紗紬(しゃつむぎ)」であろうとのこと。



この紗紬は、紗という名がついていますが、紗の組織ではなく、極細の駒糸(各々の撚り加減が違う強撚糸)で平織りした織物。

紬(繭を手つむぎした太さが不均一な生糸)が生み出す独特のシャリ感と透明感を持ち、昔から盛夏向きの織物として愛用されていました。

当時でも高級品、現在ではちょっと手が出ないほどの値がつくといいます。



しかし、時の運というのはあるものです。

と申しますのは、ちょうど桐生でもこの紗紬の良さをもっと多くの人にしってもらいたい――と考えていた矢先だと言います。

話はトントン拍子に進み、即、夏の作務衣への導入が決定となりました。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

紗つむぎ作務衣開発秘話(1)


一枚のお便りから生まれた新作。



「五十の声を聞こうかという頃になって、やっと和装の良さが分かりかけてきました」

こんな会員の方からのお便りが目にとまりました。要約すると、次のような内容でした。



「作務衣や和服に興味がわき出した途端、何かにつけて子供の頃のある情景が頭に浮かんでくるのです。



それは、カンカン照りの夏の昼下がり、私の手を引いて歩くおじいちゃんの着物すがたなのです。他の部分はボヤけているのに、おじいちゃんの姿だけがくっきり…幼心にも、それは鮮烈に映ったのでしょう。



今思うと、その着物は紗のように透けていて、触るとザラッとした感じがあったように覚えています。着道楽だったおじいちゃんには叶わないでしょうが、あの着物すがたに一歩でも近づきたいと思っています…」



そして最後に「私の昔話が作務衣づくりのお役に立てれば幸いです」と結んでありました。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

透かしの美学・涼感溢れる夏の織物 絽(4)

季節を先取り、早目に絽を着るのが粋…。



目が粗く透間の多い紗は、通気性に優れていますが、その目の粗さゆえ、染めや模様が難しいことも。



通気性では紗に軍杯が上がりますが、染めや模様では、絽の方が優勢のようです。



どちらも古来から続く夏の代名詞、お好みでお選び頂くのが一番でしょう。



本来、絽は絹織物とされてきました。

ですが、涼感や染め…特に藍染仕上げということになると綿素材の絽織でしょう。さらに価格的な面も加わり、綿絽の人気が高くなってきています。



最近、和服を着る人が少なくなったものの、高級ゆかたや作務衣などにその優雅な涼味を生かそうとする傾向があり、注目です。



絽は典型的な夏の装いです。

しかし、愛好家の間ではひと季節早く着用するのが粋とされているようです。衣替えの五月半ば頃からという感じ。もちろん、盛夏まで約三ヶ月は絽の醍醐味が楽しめるというわけです。



簾と同様に、透かして見せることによって見る人まで爽やかにするというのですから、絽は何とも奥深い織物といえましょう。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

透かしの美学・涼感溢れる夏の織物 絽(3)


羅を少し遠い先祖とすると、紗と絽は兄弟のようなもの。ですから、絽の説明をする場合、これをセットにしてお話した方が分かりやすいと思います。



紗も絽も共に、からみ織という技法で織られています。



基本的に織物は、経糸(タテ糸)と緯糸(ヨコ糸)が直角に交差することで平面を作っています。



そして、からみ織とは経糸が二本(地経糸・綟経糸)一組となって、緯糸一本、あるいは奇数(三・五・七)ごとによじり、そこに緯糸を打ち込み透間を作る技法のことを言います。



図のように、紗は、緯糸一本おきによじれを作り透間を作っていきます。この目の粗さが透明感を作るわけです。



一方、絽は一度よじった後、緯糸三本おき、五本おき、七本おきという具合に経糸をよじって絽目という透間を作っています。



紗は、絽目を連続させたものですが、絽の方はその間に平織りを入れていきます。平織りの部分の緯糸の数、三、五、七によってそれぞれ「三本絽」「五本絽」「七本絽」と呼ばれています。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

透かしの美学・涼感溢れる夏の織物 絽(2)

二千年も昔に開発された、布地を透かすという技法



ところで布地を透かすという発想や技術は、いつ、どこで生まれたのでしょうか。



発祥は中国です。今から二千年ほど前に“羅(ら)”という織物が現れています。この羅は、透間が大きく、まるで鳥の網のようだったといわれています。



この羅に比べ、透間がぐんと小さくなったのが紗。

この紗は唐から宋の時代にかけて発達し、日本でも鎌倉から室町の時代に盛んに着られていました。



この透間がさらに小さく、目が細かくなったのが絽です。

北村哲郎氏の著書「日本の織物(源流社)」によると、享保六年(1721)に、呉服商から奉行所へ提出した布類の明細書に初めて“呂”という言葉が見られるとありますので、始まりは江戸時代と考えてよいでしょう。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

透かしの美学・涼感溢れる夏の織物 絽(1)


庭に面した障子は取り外されて簾がかけてあります。部屋の襖も開け放たれていて、家の奥までが透かして見通せます。

ひっそりと冷たく涼気が流れてくるようなたたずまい――昔から、むし厚い日本の夏をなんとか過ごすためにさまざまな工夫が重ねられてきました。

この簾の発想などは、住む人はもちろん、見る人をしても涼感を与えるという細やかな日本人の美的感覚から生まれたものといえましょう。



優雅な涼味をかもし出す、代表的な夏の装い――



装いとて同じことです。“夏姿”という言葉があるように、夏の衣服は昔から特別に扱われてきました。

麻布、縮み、芭蕉布――など独特の涼感を持つ織物が考えられたのもそのため。中でも優雅な涼味という点では“紗(しゃ)”や“絽(りょ)”という透明感のある織物が出色。初夏から夏にかけての装いとして憧れに似た人気を誇っています。



年配の方ならご存知だと思いますが、戦前にはこの紗や絽の装いはよく見られました。

強い陽射しの中を、透明感のある着物をキリッと着こなして行く女性の姿は、子供ごころにも鮮烈なイメージを植えつけたものでした。



また、絽が盛んに着られた江戸時代の浮世絵には、夏姿としてこの軽やかで透けた薄物に身を包んだ女性が多く登場します。絵師たちの目にも、この装いが何とも鮮やかで、そのくせ気品に溢れたものと写ったようです。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

作務衣父の日キャンペーン 3つの「お父さんありがとう」特典付き!

頑固一徹、変わらぬ親父へ。



たまに訪ねても、顔を向けずに背中越し、ぶっきらぼうな応対は相変わらず。照れているのよ、という母の笑い声に、ふんと鼻を鳴らす癖も変わらない。

とはいえ親父、背中がだいぶ小さくなった。

幼い頃、駄々をこねて、この背に何度おぶってもらったことだろう。

今度は自分が、親父の気持ちを背負ってやる番。

のんびりしなよ、と云っても聴く耳持たぬ頑固さに、つい嬉しくて目が滲む。



『父の日』がパッとしないのは、照れ屋が多いせい?



1910年にアメリカのジャン・ブルース・トッド婦人の提唱により始まった『父の日』。お母さんの心に感謝の心を示すための『母の日』が定着し、家族のために頑張っている父親にも、もっと、感謝の意識を捧げましょうというスローガンのもとにスタートしたのですが、『母の日』に比べ、いまひとつ盛り上がりに欠けているというのが現状のようです。



今では世界中に広まった記念日ですが、何となくパッとしないのは、対象が元来照れ屋な男性のためということもあるのかもしれません。

特に息子さんの場合は男同士のためか、何だか妙に照れてしまって、その日が来てもついお父さんに何もせずに過ごしてしまうもの。



本当は心の中では、いつも感謝していて、機会があれば贈物のひとつもしてあげたいと考えているはずなのに…。



『父の日』というのはそんな無器用な男性達にとっても、感謝の気持を示す、いいきっかけを創ってくれる日のはず。

長年あたためてきた感謝の心を表すには何かといい契機ではないでしょうか。



今年の父の日は6月19日。では何を贈れば喜ばれるのか?



『父の日』は6月の第3日曜日、今年は6月19日にあたります。今度こそお父さんに、ありがとうの気持をかたちにしてみてはいかがですか。



では何をプレゼントすればいいのでしょうか?

一般的に考えると、普段良く使い、身に付けるもの、ネクタイやベルトなどがすぐに思い浮かびますし、人気の品でもあるのですが、長年家族のために一生懸命に働いてきたお父さんに、今さら体を締め付けるモノをあげるのは如何なものでしょう。



”リラックスしたい、のびのびしたい…”。

お父さん達はいつもそう考えているはずです。だからこそ、贈物は普段使えて、しかも体を締め付けず、心を解き放せるものが一番だと思います。



”作務衣”を贈るのがブーム。心を解き放せるのがその理由…。



そんな想いも一因なのか、いま、父の日の贈物として作務衣がブームを呼んでいるそうです。



人気の理由は、大人の男性のファッションとして、渋さと味わう深さを持ち、機能的で実用的、しかもゆったりと着れて、お出かけにも気軽でお洒落だからとか…。



実は、静かなブームは何年も前から起こっており、今もお洒落の通の間では口コミなどで徐々に広がりを見せているとか。



だからこそ、今年の贈物は作務衣で決めてみる。

実のお父さんはもちろん、父とも慕う人、お世話になった方にプレゼントしてはいかがでしょうか。ご夫婦お揃いの作務衣を贈ってみるのも素敵なアイディアのひとつ。

「なかなか、いいセンスしてるじゃないか」と、きっと気に入ってくれるに違いありません。
- トラックバック (0) -