日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

作務衣ファンからのお便り(2)

「日本の伝統や文化を外国人に教わるなんて…」







「ドイツの得意先の社長が商用で来日したので、お土産に絹の作務衣を二着差し上げたところ大喜び。帰国してからも夫婦で着ていると礼状がきましたよ。ゆかたよりスマートだし、むこうの人も馴染みやすいみたいですね」(55歳・広告代理店経営)







そういえば、日本に日本文化の研究や武道修行に来た外国人の方からご注文もよくあります。自分の国の伝統や文化を外国の人に教わるということですか。



これではいけない!と私どもの普及活動にも一段と力が入る次第です。







「作務衣での外出、最初は勇気がいったが…」







「作務衣を着て外出するのに、最初は勇気がいった。でも、一度そのまま電車に乗ってからは平気になり、どこへでも出かけられる。絹古彩の鉄紺に羽織を合わせて、先日友達の結婚パーティーに出席したら注目のマトとなって、もう病みつきになりそうです」(31歳・公務員)







恥ずかしいことはありません。これからも積極的にご着用になり、モテまくって下さい。







「定期的にカタログを送って欲しい」とご住職。







あるお寺のご住職さまから、お電話をいただきました。







「地方のせいか、本格的な作務衣を求める機会がない。お宅の品は実に心がこもっていて素晴らしい。カタログを定期的に送って欲しいのだが…」







ご安心下さい。『作務衣かたろぐ』のご購読はいつでも受付中です。







ご叱責やご提案――ありがたいことです。







今後も作務衣についてのご意見やご感想、開発へのご提案やアドバイス、さらに詩、短歌、俳句、書、絵などの作品投稿も大歓迎です。また、できますれば作務衣姿のお写真をご同封いただければ、これ以上ない喜びです。


- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

作務衣ファンからのお便り(1)

ご愛用の皆様からさまざまなお便りが届いています――







伝統芸術を着る会の作務衣や藍染などの作品は、北海道から沖縄まで、時には海を越えて外国にまで届けられています。そのご愛用の皆様から、着用の感想やエピソード、そしてご提案などが、毎日のように当会に送られてまいります。その中からいくつかをご紹介してみましょう。







寄せられるお便りの封を切る時、なんだかワクワクしてしまいます。お届けした作務衣が、皆様の暮らしの中でどんな彩りとなっているのか…それを思う時は、ちょうど娘を嫁に出した親のような気分なのです。







「作務衣のおかげで茶道教室の看板おやじに…」







「女房が自宅でお茶を教えていて、金曜の夜は、若い娘さんたちに我が家は占領されてしまいます。そんな広い家ではないから、どうしても私の姿は目に入ります。



こちらは週末ぐらいのんびりしたくてひどい格好してまして、女房にいわせると、どうもジジくさいとか。







で、女房と相談して武州の作務衣を着るようになったところ、これが若い娘さんたちに大好評。茶席のお客役として招かれたり、外で会ってもあいさつされたり…。







いつも同じじゃみっともない。今度は絹の作務衣を着てみようか――と女房に言うと、『仕方ないわね』といつもは固い財布のヒモをゆるめてくれます。



だって私は、今では、大沢茶道教室の“看板オヤジ”なんですから…。



今のうちなら大丈夫ですので、次々と新作を発表してください」(52歳・会社員)







こんなほほえましいお便りを受け取ると、嬉しくなってしまいます。新作、頑張ります!



- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

インバネスについて


懐かしさに拍手、その新鮮さに歓声!試作段階から話題騒然――あの幻の外套<インバネス>が蘇りました。



いつものように開発会議。その日のテーマは「冬、作務衣の上にはおるコート」でした。

普通の和装コートでは知恵がない。では、どうする?座が静まり返った時、“長老”と呼ばれている一人が沈黙を破りました。



「インバネスはどうだろう?」



聞き慣れぬ言葉に百科辞典がめくられます。そして、そこに現れた左のような絵にスタッフ全員の目が吸い寄せられていったのです。



スコットランドで生まれ、欧米を席巻した外套(コート)



インバネスとは、19世紀中ごろ欧米で盛んに着用された外套のことで、スコットランドのネス川河口の町インバネスを発祥の地とするため、こう呼ばれるようになりました。

たけが長く、袖なしで取り外しのできるケープが身ごろについてきます。



日本でも、明治20年ごろに伝わり、大正、昭和の初期まで「とんび」あるいは「二重まわし」などと呼ばれ愛用されていました。現在では、その姿はまったく見ることができず、現存すら危ぶまれていました。



その軽さにビックリ、動きも自由自在!



しかし、この幻となった外套の復元には、その原型が何としても不可欠。四方八方に手を尽くしてやっと一着のインバネスを横浜のテーラー経由でお借りすることができました。



この貴重なインバネスを手本として、それを越えるレベルで復元したのが、ここにご紹介する「正藍染インバネス」なのです。

- トラックバック (0) -
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技

本藍染刺子織作務衣 彩雲開発話


春眠暁を覚えず。かといって伝統芸術を着る会といたしましてはうたた寝している訳にはまいりません。新しい命が芽生える春を前に新作をと、スタッフ一同ねじり鉢巻で昨年より知恵を絞っていたところへ、嬉しいニュースが飛び込んできました。



一報の主は会員の方々にはおなじみの辻村染色七代目当主、辻村辰利さん。作務衣の専門館と呼ばれる当会の数ある作務衣の中でも名作との誉れ高い、あの刺子織作務衣「唐法師」を手がけた、当会きっての名匠です。



「息子が個展を開くことになってね。なかなかいいモノができてるんだ。ぜひ、見に来てよ」



息子さんとは八代目、辻村啓介さんのこと。七代目のもとで十二年、藍染修行を積み、襲名後は茶葉染作務衣を始め、独自の染や織りに挑んだ新しい感性の作務衣を創り、大好評を博している事はご存知の通り。



独自の道を切り開いてきた八代目の個展、しかもめったに息子を褒めない七代目のたっての誘い。これは!と弾む胸を抑えつつ駆けつけたのですが、作品を前にして、ときめきは高鳴るばかり。



どの作品も、伝統的な礎は残しつつ、若い斬新な感覚が盛り込まれており、特に意匠の面では僭越ながら七代目を超えたのではないかという声もチラホラ。会場を訪れた、染や織りに興味のある方々、和装のプロからも高い評価を得ていたのです。



早速、この意匠を活かした作務衣創りを八代目にお願いしたところ快諾を得て、ついに刺子織と藍染の魅力を存分に堪能できる5年振りの新作「本藍染刺子織作務衣・彩雲」が誕生しました。

- トラックバック (0) -
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技

幻の紫紺染(しこんぞめ)に挑む。


粋を極めた江戸紫…究極の草木染、遂に完成。選ばれたものだけが、纏うことを許された高貴な色。



当会ではここ数年、コーデュロイ作務衣に始まり、ジュンロン・スエードなど、新しい素材を用いた新作を次々に発表、作務衣の新たな可能性に挑戦してきましたが、やはり「伝統芸術を着る会」としましては、失われつつある古き佳きものに光を当て、現代に蘇らせるのが本領。



それを忘れていたわけではありません。その難しさから幻とまでいわれた究極の草木染「紫紺染」に挑み、密かに研究を重ねていたのです。



試行錯誤の末、この度遂に「紫紺染」による最も高貴な色「江戸紫」と呼ばれる深い紫の再現に成功いたしました。



「草木染」というと、渋い落ち着いた色という概念がありますが、草木染しかなかった平安時代でも、文献によりますと高貴な方の衣服に鮮やかな色のものが多く、金銭・労力をおしまず工夫すれば、鮮やかな草木染も可能だったということになります。

その代表的名ものがこの「紫紺染」なのです。



最も困難で最も高貴な「紫紺染」



紫紺は山野に自生する多年草、紫草の根で、植物染料での染色中最も難しいものとされています。



紫紺染の紫はシニコンという色素によるものですが、シニコンは冷水にほとんど溶けず、他の植物染料のように煮出すと緑黒色に分解してしまいます。



ですからまず石臼で挽き、摂氏60度以下の温湯で時間をかけて抽出しなければなりません。これに灰汁で処理した布を浸染し、繰り返し染めていきます。



また紫紺は、絹でなければ発色が悪く、綿ではその色が十分に出ないという特徴があります。



いくら良い色も染まっても、染色工程が複雑で手間がかかり、しかも絹でなければ鮮やかに色が出ないとなれば、一般の庶民がその色を手にできるはずもなく、聖徳太子の時代から冠位十二階で定められているように、紫紺染の紫が最も高貴な色とされてきたわけです。



また、伊勢皇大神宮の幕、宮中の儀式殿・斎殿の幕もこの紫紺染によるものです。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話 , 95~96年の作務衣

正絹刺子織作務衣 黒刺子開発話


もうすぐ100にも及ぼうかという作務衣を開発し、会員の皆様にご提供している当会のスタッフも、仕事を離れれば作務衣の好きな一人の人間。ですから好みもさまざま、作品の好き嫌いだってあるのです。



そんなスタッフが、こと「人に見せたい一着」という点に限れば、ほとんど意見を一致させる作務衣があります。



その一着というのが、一昨日の秋に開発した「絹刺子作務衣」です。華麗な絹の輝きに、刺子の存在感のある質感が交わったこの作務衣の風合いと表現力は圧倒的。スタッフはおろか、会員の皆様をも一様に唸らせたものでした。



絹と刺子がおたがいの良さを引き出しあう…



着て誇らしく、人に見せたくなる作務衣――これは「人と作務衣の関わり合いを考える」という照合のコンセプトを受けるに最もふさわしい一着ではないでしょうか。



というわけで、今回の巻頭を飾る新作は、絹と刺子の組み合わせ、これ以外にはない!と衆議一致を見ました。



色は、黒。といっても真っ黒ではありません。刺し模様の質感が微細な白と黒の世界を展望し、全体の色彩感としては、濃い鼠色を思わせます。まさに「黒刺子(くろざしこ)」。素直にこれを作品名として頂きました。



この彩りと質感を流麗に気高く包み込んでいるのが、絹ならではの輝き。なにしろ、刺子に織るため、通常の3割近くも多く使われている絹の光沢が刺子独特の凹凸を鮮やかに際立たせています。思わず触ってみたくなるこの質感――。



織りはもちろん刺し子織。通常の刺し子織は地布になる糸より刺子部分の糸の方が太くなりますが、この絹刺し子織は、同じ太さの糸で浮き織りにして凹凸をつけています。



これは「崩し織刺子」という伝統の技法。この刺し子織による質感が、逆に絹の輝き過ぎを抑え、総じて格調高さを生み出しています。絹と刺子がお互いにその良さを引き出し合っているということです。



本来的な意味からすれば、水と油に近い「絹」と「刺子」の組み合わせが、ここまで高い品質レベルで完成。まさに、人に見せたい一着です。

- トラックバック (0) -
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技

七代目辻村染織再び(2)

「日本人は刺子が好きなんだね。頑張り甲斐があるよ」



「で、これは私からお宅に申し出たいんだが、刺子織の“はんてん”をやってみたいんだよ。刺子織にはぴったりだと思うんだ。作務衣の上から羽織ってもいいし、ジーンズにも合うと思うよ」



と膝を乗り出す。てんてこまいで参ったね――などと言いながら、作品のイメージがわいたらとことんノリまくる。代々受け継いだ職人気質にどうやら灯がともったようだ。



「今回の新作には気が入ってる。期待してもらっていいと思うよ」



前回お会いした七代目が職人らしからぬ柔和さを見せたのに対し、今回の七代目は意欲が前面に出てきているように感じた。



「お宅の会員さんはレベルが高いから、ヘタ打てないんだよ。ま、一枚一枚心を込めてやるしかないね」と七代目はキッパリ。小柄な体を駆使して藍ガメをかきまわす姿からは、話をしている時とはまるで違う雰囲気が伝わってくる。



「前回は前回。やっぱり新作を送り出す時は心配なもの。今回も、一枚でも着てもらえれば、私は嬉しいね」



出た、七代目の名セリフ。でも今回は、七代目は最後まで目を伏せなかった。

- トラックバック (0) -
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技

七代目辻村染織再び(1)


「ずいぶん忙しくなっちまったね。でも、わしのペースでやるだけさ…」



「一枚でも着てもらえば、私は嬉しいね」――前回、初めてお訪ねした時に七代目がボソッと呟いた最後の言葉がこれであった。



あにはからんや、七代目の予想(?)は見事に外れ、刺子織作務衣三点は発表と同時に大変な反響。予定した枚数はあっという間に売り切れ、追加、追加でてんてこまいという状況が生まれてしまった。一年経過した現在、新作準備中の七代目を訪ねてみて、その近状などを報告してみたい。



「羽織は悪いことした。でも、そのぶん今回はもっと頑張るからね」



やはり、てんてこまいであった。しかし、目は笑っている。やあ、と手を上げて、しばしお茶の時間となる。



「いやあ参ったよ。こんなに仕事したのは何年ぶり…いや何十年ぶりかねぇ」

と手を見せる。ツメの間まで藍に染まっている。こちらとしても想像以上の反応で驚いていることを伝え、やはりモノが良いと売れますね――と水を向ける。途端に照れてしまう七代目、変わっていない。



「まあ…というよりも珍しかったからじゃないかね。刺子の作務衣ってのがさ…」

ところで、会員の方から“羽織”が矢の催促なんですけど――。



「あ、それそれ。悪いことしたね。すぐにやっちまうはずだったんだが、作務衣の方に追われてしまって。いくら忙しいからって、一枚一枚手を抜くことはできないしな、ついつい後回しになってしまったんだよ。でも、今回は大丈夫。必ず間に合わせるから…」

とのこと。刺子織の羽織を待ち望んでいる方へよろしくと七代目からの伝言である。



「しかし、ちょっと裏地が気に入らなくて、もう少し試作してみようかとも思っているんだ」

これが名人気質というものか。刺子織羽織も期待が持てそうだ。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

布を刺す。刺子織りの話。(2)


衣服の補強と保温。刺子のはじまりは、なぜか悲しい…。



その昔、木綿は大変貴重な素材でした。特に綿の栽培が出来なかった東北の地においては、百姓農民が木綿を衣服として着用することは藩令によって禁止され、もっぱら麻地を着用していたとされています。



夏はともかく、寒さ厳しい北国の冬を麻の着物で越すのはちょっと無理。そこで衣服の補強と保温を図るために、麻の白糸で布目を一面に刺して塞いだのが刺子のはじまりだったのです。



それがいつの頃だったか、これも定かではありませんが、津軽藩江戸定府の士、比良野貞彦が天明八年に著した「奥民図集」に、



『布を糸にてさまざまの模様を刺すなり。甚見事なり。男女共に着す。多くは紺地に白き糸を以って刺す』



と記してあることから、この時代にはすでに刺子の手法は確立していたと思われます。



農家の娘は、五歳になると針を持たされ、母親と共に毎日のように刺し続けます。やがて嫁に行き、生まれた娘へ…とこの手法は代々継承されていったのです。



身近な自然風土をテーマにした模様は、鮮烈で感動的――



囲炉裏を囲んで黙々と刺し続けるこの“仕事”の中で、娘たちはただ単に実用という目的以外に、飾る歓びを見つけ出します。それが、実に見事な刺子模様を生み出していったのです。



現存する模様を見て見ますと、その発想は身近な自然の風土から生まれているのがよく分かります。猫の目・豆っこ・花・竹・石だたみ…などと独創性豊かに刺されていて、その素朴さとエスプリには感動を覚えるほど。



藍地に白のコントラストは実に端正で、怠惰な飾り立てに飽きた現代人の感覚に鮮烈に訴えるものがあります。

- トラックバック (0) -