日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
93~94年の作務衣 , 染&織作務衣

絹刺子織 茶刺子羽織


作務衣にはもちろん、野袴にも“きぬざしこ”の羽織はよく似合う。



きぬざしこ――この響きの良さは、まさに風が運んだ玉の音。



絹と刺子を組み合わせるという発想は、当会だからこそできるものと自負しております。



素材は正絹100%、染めは樹木染。刺子で織ったため絹糸の量が増え、絹はその優雅な輝きだけではなく、質感の豊かさももたらしてくれました。



秋冬に着る絹の作務衣にふさわしい機能と趣を持った一着です。
- トラックバック (0) -