日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
95~96年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

キルト作務衣 鉄紺と羽織(きるとさむえ てっこんとはおり)


当会の発足とほぼ同時に開発され、冬の作務衣としてすっかり定番となってしまった「キルト作務衣」に待望の新作が登場しました。



表地に風合いの良い綿つむぎ、そして裏地は滑りの良いタフタ、この間にポリエステル綿をはさみこんで表から裏までを通して縦刺し。



つまり、従来のキルト作務衣とは違い、はっきりとキルティング加工を表面に見せ、それをデザイン化しています。縦刺しにより中綿がしっかり挟まれて暖かさもアップ。洗濯しても中綿の縮みはほとんどありません。



色は深みのある上品な鉄紺、縦は同色の糸で刺し、衿と肩、袖口は白の刺し糸。直線の組み合わせによるすっきりした刺し柄となっています。



重さやごわごわ感はまったくなく、むしろ、スマートで軽やかな感じのキルト作務衣に仕上がりました。

- トラックバック (0) -