日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

唐桟縞(とうざんじま)について(3)


この唐桟縞で作務衣を仕立てる――



唐桟縞に関するおおよそのことはお分かり頂けたかと思います。そこで本題に入らせていただきます。



私ども「伝統芸術を着る会」では常に“古き佳きもの”を掘りおこし、現代に新しい生命を灯す――というテーマを持って活動を展げています。そのアンテナが、この唐桟縞を確実にキャッチしたのです。



なにしろ、インドからやってきてその粋さと色感覚のモダンさで時の江戸っ子たちを陶酔させてしまい、一時代を築いた織物なのですから、これは見逃すわけにはいきません。



早速、唐桟作務衣の開発に着手したのですが、これが以外に大変なこと。

それは織りであると同時に縞模様でもある上に、後に国産品も多く登場したため実に縞や色の組み合わせの種類が多いのです。ですから、これが唐桟!と断じ切れない部分も生じてくるのです。



そこで、唐桟縞の中から典型的な二種類を対称的に選び出し、多少のオリジナリティを加えることにしました。



色も同様。藍と白のたて縞を青手と呼び、赤い縞を赤手と呼んだ唐桟縞の初期の大別に合わせて独自の色合いを組んでみることにしたのです。



テーマは「江戸の粋」。素材は光沢の似た絹を使うことに決定。



テーマは「江戸の粋」という点に置き、名称も青手系を「音羽」、赤手系を「花川戸」と決め、そのイメージに即した縞柄を求め試作を繰り返しました。



さらにもうひとつ、大きな決断が必要でした。それは素材です。

元々、唐桟縞は木綿が素材であったために江戸の庶民の間で流行したといういきさつがあります。しかし、それは当時、町人が自由に絹を着ることができなかったという事情があります。そして、この海を渡ってきた縞木綿が、まるで絹のような光沢を放っていたことが人気の秘密でもあったのです。



これらの点を考え、さらに江戸の粋を求めるなら…と、素材は絹を使うことに決定いたしました。



静と動で“粋”を表現、コントラストの強い二作品が完成しました。



このような過程を経て、「絹唐桟作務衣」を二点、今回の発表に間に合わせることができました。



前述のように、この二作品は敢えて中道を行かず、コントラストの強いものに仕上げています。江戸の粋を、静と動という形で表現してみたという次第。皆様のお好みはどちらか?正直にいって私どもにも想像がつきません。



いずれにしても、この「絹唐桟作務衣」は私どもの作務衣開発のプロセスで記念すべきものになることでしょう。



全体を縞模様で作務衣を仕立てたこと、それもインド生まれの唐桟なのですから画期的。

これは、私どもの作務衣づくりの過程が、様式や形式を守り復活するという段階から、新しくファッション感覚を表現していく段階へと歩を進めた第一歩といえましょう。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

唐桟縞(とうざんじま)について(2)

粋な舶来品の上陸に、新しもの好きの江戸っ子が飛びついた。



この唐桟縞が初めて日本に渡ってきたのは、桃山時代と言われています。ですが、一般的には徳川家康の貿易奨励政策がすすめられて以降と考えてよいでしょう。



唐桟は冬の着物として職人、芸人、商人などの間で大変もてはやされていたようです。まず、木綿ですから町人が自由に着れること。さらに、細い糸で打ち込みが固く織られているため、麻状の外観と絹に似たつやと風合いを持っていたこと。しかも、舶来品とあって自慢できた――などの理由で大人気。

特に、気っぷのよい職人たちはすっかりこの唐桟のとりことなっていました。



粋な縞模様と、日本人にはない色感のモダンさは、まさに江戸好み。江戸時代半ば頃から末期にかけて大流行しました。



中でも、インドのベンガル地方から“紅唐桟”がもたらされた文化、文政、天保の頃は全盛時代。江戸の庶民は、男女を問わずこの唐桟の着物で“粋”を競い合っていたようです。



粋と気っぷで、唐桟縞の技術は今も生き続けている――。



つまり、江戸時代に今で言うファッションの大ブームを巻き起こしたというわけです。考えてみれば、今も昔も人の心はそう変わっていないようですね。新しもの好きで、舶来品に飛びついて…われわれもと“粋”や“艶”を競い合うのですから。



しかし、そんな江戸っ子たちの心をがっちりとつかみ、大流行を生み出したのですから、この唐桟縞も大したもの。その独特の光沢や風合い、粋さは当時の人にとって格別のインパクトがあったのでしょう。



もちろんこの頃になると国産品の唐桟(?)も続々と織られるようになりました。川越、青梅、あるいは博多、西陣など織物の産地がこぞってこの縞木綿を手がけるようになります。



こうなると品質の勝負。江戸の末期にはアメリカからの輸入物も入ってきましたが、品質の点で、“アメ唐”などと呼ばれ本格物と区別するほどになりました。輸入物の質をすぐに追い抜く日本人の技術――これも現代に通じる話です。



その後も、近世から今日まで、唐桟縞は脈々と生き続け織られており、特に趣味的な装いに珍重されています。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

唐桟縞(とうざんじま)について(1)


オランダ船で長崎へ――粋でいなせな江戸っ子を陶酔させた



インド半島の西海岸、マルバラ地方にサントメ(英語名セントトーマス)という港町があります。江戸時代、このサントメで織られた織物がオランダ船にゆられ、マカオを経て長崎の港へやってきました。時代を考えればこれは大航海。

今回のお話は、はるばる海を越えてきたこの織物についてです。



まさに織物の黒船――インドから華麗なる縞模様がやってきた。



この織物のことを唐桟(とうざん)といいます。細番手の木綿地に細かい縞を織り出した布地のことで、その名の由来は生産地サントメ(ポルトガル語)から来ているようです。



最初は、そのまま漢字を当て“桟留”と呼んでいたようですが、その後に国内での生産が始まると、輸入品の区別をするため“唐桟”と呼ばれるようになったと言われています。



唐桟の唐は、その昔はるかに遠い外国を意味したものでしょうか。

唐人(外国人)が運んできたからとか、唐物屋(舶来品を売る店)で売られていたからとかさまざま。また、一部では、長崎のオランダ人居留地の名称からとって“奥島”などとも呼ばれていたようです。

つまり、外国からやってきた縞織物というわけです。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

絹古彩(2)

正絹作務衣にふさわしい二つの色



さて次に色です。

この絹素材にふさわしく、さらに作務衣の風情を損なわない色が問題でした。単に色を付ければいいというものではありません。文献を紐解き、古い色彩帖(色見本)まで引っ張り出しての色探しでした。



基本は、昔から藍と並び格の高い色とされてきた<茶>と<鼠>です。この二色をそれぞれに何色も試し染めした結果、二つの色の採用を決定しました。



ひとつは<媚茶(こびちゃ)>。

少し黄色味を帯びた暗い灰黄赤色。この色は粋な色として江戸後期に大変流行しいた彩りです。正絹の優美さが、粋な彩りをさらに増してくれるとの判断です。



もうひとつは<鳩羽鼠(はとばねずみ)>。

この色は、わずかに紫がかった灰色。分かりやすく言えば文字通り“鳩”の羽を偲ばせる色で、鼠色の中でも渋さと若さが微妙に交錯した感覚的ま彩りです。



いずれも絹古彩と名乗るにふさわしい色が決定したのです。



光の違いで生じる彩りの変化も魅力!



出来栄えには自信があります。次で完成した商品写真をご紹介していますが、困った事が一つありました。



それは、本誌に掲載するための写真撮影でした。戸外とスタジオ内では微妙に色が変化するのです。



これは、正絹という素材の持つプリズム効果、つまり光沢の変化のせいなのです。しかし、これは絹の魅力でもあるわけですから、逆にこの絹古彩の特色として敢えて提示しています。



どちらの彩りがお気に召すか。それはあなたの感性にお任せします。どうぞ、じっくりご覧下さい。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

絹古彩(1)


絹の光沢に溶け込んだ彩り――見る角度や光によって、渋さと粋さが交錯します。



私ども『伝統芸術を着る会』には毎日のように、作務衣をご愛用の皆様からお便りが届きます。



あたたかい励ましの言葉からお叱りの言葉までさまざまです。また、とても参考になるご提案やご要望もかなりの数にのぼります。



これまでも、キルト作務衣や利休茶作務衣などの開発は、皆様の声が大きなヒントとなり完成いたしました。



そして今回、やはり皆様の強いご要望に応えるべく開発したのが、ここにご紹介する<絹古彩>シリーズなのです。



どんな色にも容易に染まる絹素材!



高級素材の作務衣に彩りを――このご要望は以前よりかなりの数にのぼっていました。当会としても、英断した正絹作務衣の開発と利休茶作務衣の復元の成功により、次に成すべきは何かを探っていましたので、タイミングはピッタリ。早速、開発の緒につきました。



素材は最高級の正絹。これはすぐに決まりました。

その理由は、絹という素材は、どんな染料にも容易に染まり、内部からの反射光が表面に透過して鮮明度の高い発色が得られるという性質を持っているからです。

つまり、微妙な色合いが出せるということです。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

絹三昧(きぬざんまい)(2)


意外な事実――絹は非常に健康的な繊維!



桑畑に降りそそぐ太陽エネルギーを一杯に吸収した桑の葉を、蚕はすさまじい食欲で食べ尽くします。そして、食べた桑の葉を次々と絹物質に変えていくのです。



普通、綿や羊毛などの繊維は細胞により構成されているのですが、繭糸は細胞の分泌物である絹が、糸として吐き出されることにより繊維化されます。



このように液状のものから糸となる現象は大変に不思議なことで他に類を見ません。この絹の持つワクワクするような“神秘性”もまた、絹の人気の秘密かもしれません。



ところで、繭糸の組成は、その90%以上が人体の皮膚に近いタンパク質で出来ているということをご存知でしたか。

このため、人体にとっては非常に健康的な繊維なのです。化学繊維などで見られる肌のトラブルなどが、絹ではまず起こらないのもこのためなのです。



絹の肌ざわり、着心地の良さが言われる裏には、こんな秘密があったということ。自然の神秘的な営みから生まれた絹が、自然主義の復活と共に見直されてきたのもうなずける話です。



光沢や風合いも、やはり布地の王者!



絹の魅力について少しお話いたしましょう。

まず、何と言っても光沢ですね。絹は、真珠や象牙と並んで優雅な光沢の代表といわれています。実に複雑な微細構造がその理由。さらに、大小さまざまな三角断面のプリズム効果が、その光沢をさらに美しいものとしています。

科学繊維の中には、一見、絹の光沢に似たものがありますが、違いは歴然。似て非なるものです。



次に風合い。風合いとは、光沢や触感を総合した感覚的な性質のこと。つまり、目や手触りを通した官能的な品質評価ということです。



絹のぬめり(弾力のある柔らかさ)や、こし(弾性のある充実感)は抜群。また、しなやかさから生まれるドレープ性の美しさも筆舌に尽くしがたいものがあります。その他の要素も含めて、やはり絹は繊維の王者――これに優るものはまず考えられません。



お金に換えられない“絹を着る”という価値観!



絹が見直されている――と申しましたが、衣料用繊維の中に占める絹の消費量は、わが国ではまだ1%にしか過ぎません。供給の問題もあって、まだまだ希少性の高い素材なのです。

それだけに“絹を着る”という感覚は、それ自体がくすぐったいような誇りであり、感性の歓び。お金に換えられない価値観だと言えましょう。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

絹三昧(きぬざんまい)(1)

このところ天然繊維が見直されてきています。中でも、“絹”への注目がとても高いようです。長い歴史を持ち、いつの時代においても別格の扱いを受けてきたこの繊維は、また自然の神秘的とさえ言える営みから生まれるもの。それだけに、合理主義の象徴とも言える化学繊維からは得られぬ精神的な何かに多くの人が気づいた結果といえましょう。そんな“絹”の話を少しの間お聞き下さい。



自然と歴史が創り上げた絹の世界



はるかに遠く、今から五千年もの昔。

人類最古の文明が生まれた頃、中国に伝説的な名君と崇められた黄帝という王がいました。ある日、この黄帝の妃が繭を手にし、誤ってこれを茶湯の中に落としてしまいます。慌てて箸でこれを拾い上げようとしますが、手繰っても手繰っても純白の糸が際限なく箸に巻きついてくるだけでした。



もうお分かりでしょう。これが繭から生まれたいわゆる“絹”の始まりなのです。

なんでも事の始まりはこんなもの。実際にこの妃にしても、その後、この絹が世界中に行き渡り最高級布地として高い評価を受けるなどとは想像もしなかったことでしょう。

しかし、あの絹の発見が壮大な浪漫話などではなく、人間のちょっとしたドジから生じたとは、実に人間的で愉快な話です。



憧れに近い感情も受け継がれてきた。



こうやって発見された絹は、その後、世界中へ急速に広まってゆきます。そしてどの国でもいつの時代でも、大変に貴重なものとして扱われてきました。絹がお金の換わりに使われたほどです。それだけに、時の権力者たちがほとんど独占してしまい、後世まで絹は高嶺の花というイメージが定着してしまいます。



日本への養蚕が伝わったのは西方諸国よりも早く、弥生前期(紀元前二世紀)といわれます。養蚕の黄金時代は大化の改新の頃から十世紀にかけてでした。しかし、ここでも、桑を植え、蚕を育てたのは庶民でしたが、一片の私有も許されず上納を強いられてきたようです。



その後も営々と絹は歴史と共に歩み続けてきました。織り技法の発達により、絹の特性はさらに磨きがかけられ、そのイメージは輪をかけて絢爛たるものとなっていったのです。

私たちが、今でも“絹”に対して憧れに近い感情を持つのも、こんな歴史的な背景があるからではないでしょうか。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

コーデュロイ作務衣開発秘話(3)


この作務衣にふさわしい際杖場所は、由緒ある旧古河庭園の洋館。



完成した「コーデュロイ作務衣」。少し緑がかったグレーに、毛羽立つ前の“王様の畝”が奥ゆかしく整列しています。はおってみると実に暖かい。二重織りから生まれたこの暖かさは、これまでのどれもと違う優しさを持っています。また一歩、当会の“暖かさ”が進化しました。



西欧生まれの布地、そして、王様の畝と呼ばれるコーデュロイ、ということから、秋号かたろぐに載せる写真は由緒ある洋館で撮ろうということになりました。

そこで、選んだ撮影場所が、旧古河庭園の中にある大谷美術館。何とかお願いしてこの館のテラスや玄関まわりを使わせていただきました。ルネッサンス風の洋館と、コーデュロイ作務衣の調和は狙い通り。ピタリと決まりました。まさに、ヨーロッパの雰囲気を持った作務衣の誕生ということでしょうか。



もう何年にもわたって当会の作務衣のすばらしさを表現してもらっている男性モデルの古谷さんも「今までにない感触と暖かさですね。どっしりとしていて小粋な感じがします」とのこと。着ることにおいて作務衣の専門家である古谷さんのこの言葉は、大いなる自信となります。



コーデュロイ作務衣の開発――またひとつ作務衣の幅が広がりました。この秋は“王様の畝”でちょっと小粋に輝いてみませんか。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

コーデュロイ作務衣開発秘話(2)


常識にとらわれることなく、いいモノはいい!と断言したプロの目の確かさ!



素材は綿、色合いは最もコーデュロイらしいグレー系。

さあ、試作開始です。コーデュロイを織り慣れた職人を招き、指導を受けながら試し織りが続きました。



畝幅の広いもの(1インチの間に5~6本)を鬼コール、9本くらいのものを中コール、15本くらい入れると細コールといいますが、この作務衣は中コール。畝幅は広すぎても細すぎてもちょっと嫌味です。



このコーデュロイのハイライトは、何といっても浮いた毛緯の先端を剪毛して毛羽立たせる工程にあります。そして、実際にカットして独特の毛羽立った畝が次々と姿を現してきました。



ところが、わが職人たちはもうひとつ浮かぬ顔…ん?どうしたことでしょう。急遽、額を寄せてのミーティング。そして、とんでもないことを言い出したのです。



「剪毛するのをやめよう」――スタッフ一同、呆然。



コーデュロイとは、浮いた毛緯をカットして毛羽立たせるもの、それは前提というか約束事に近いものであるはず。「そりゃよく分かってるは、作務衣ということを考えると毛羽立たせない方が味があるんだ」とベテラン織り師。



そして、剪毛して毛羽立った布地と剪毛していない布地を並べて見せてくれました。

驚きました。さすがプロの眼は凄い。毛羽立った畝には奥行きが感じられません。一方、剪毛前の布地は余韻があるというか、畝も生きていて独特の渋さがあります。



一般的な常識に振り回されることなく、きちんと本質を見極める職人の目に脱帽。この人たちと作務衣を作れることに誇りさえ感じてしまいました。

- トラックバック (0) -
◆作務衣と和服の豆知識 , 95~96年の作務衣 , 染&織作務衣

コーデュロイ作務衣開発秘話(1)


“王様の畝(うね)”が秋を侍らせる



お坊さんがコール天の作務衣を着ていたとか。何でも、知り合いの呉服店で、余り布を使って一着だけ作ってもらったとのこと。

「これがなかなか小粋で、目立っていたよ」という話。意外に反対意見がありません。どころか、「厚手だから暖かそうだしね」とか「洒落た感じで仕上がるかもしれない」とか、もう決まったかの如き発言が相次ぎました。



これだけみんなの頭の中にイメージが浮かぶのなら大丈夫――決まる時はこういうもの。秋の新作は、かくして「コーデュロイ作務衣」に決定です。



二重織りでタテに畝を走らせる――暖かさや丈夫さも抜群!



その昔、西欧のある王様が城の兵士にこの布地の服を着せたところ、とても美しく立派に見えた――という話から名付けられたcordeduroi(王様の畝)。

この“コーデュロイ”、わが国には1891年(明治24年)頃に初めて輸入されたと言われています。特徴は、平織りの地の上に、パイル織りを重ねて、毛緯をタテ糸の上に浮かせ、その浮いた毛緯を中央で剪毛(切断)して毛羽立たせ、タテの方向に毛羽の畝を走らせることにあります。



これが王様の畝と呼ばれるコーデュロイならではの畝模様。畝の凹凸感が見ても触っても小粋な感じで、とてもお洒落。さらに、織りを重ねているため厚手に仕上がり、暖かさや丈夫さは抜群。風合い、機能ともに、秋の作務衣に申し分なしといえましょう。

- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

作務衣と私


皆様はどのような時に作務衣をお召しになり、また、どのように作務衣を着こなしていらっしゃるのでしょうか。このコーナーでは、「伝統芸術を着る会」の会員である作務衣ファンを訪ね、その近状をレポートいたします。

今回は、千葉県柏市で手打ちそばを作っていらっしゃる高橋様を訪ねました。



50歳で飛び込んだ修行の道



私が蕎麦屋を始めたのは三年前です。いわゆる脱サラですが、手打ち蕎麦を教えてくれるところを、あちこち訪ね歩き、信州のあるお店で住み込みで修行を始めたのは50歳のときでした。



一般には一人前になるまで10年の修行が必要といわれますが、私の場合は今後がありませんので、足掛け二年で切り上げ、商売をしながら修行を積む毎日です。



勉強不足を補うため、他に負けない食材と雰囲気の店にしたいと思いました。さいわい、竹林のそばに遊んでいた土地を借りて、モダン和風をテーマにした蕎麦屋らしからぬお店を建てました。



蕎麦粉は北海道産を取り寄せ、蕎麦粉100%の生粉打ちが看板商品です。おかげさまで、口コミで少しずつ人気が出てきました。



モダン和風の店に作務衣が似合う



味さえ良ければいいじゃないか、というので、つい最近まで普段着にエプロンで通してきました。ところが、お店のムードによく合うからと、知人が作務衣をプレゼントしてくれました。



最初は気恥ずかしかったのですが、着てみると意外と好評で、結局、私のユニフォームになってしまいました。朝、蕎麦打ちを終えて作務衣に袖を通すと、気分もピシッと引き締まります。そうなるともう一着欲しくなります。

そんな時目にとまったのが「伝統芸術を着る会」のカタログでした。



新作の案内が届くのが待ち遠しいですね。



「作務衣かたろぐ」が届けられますが、今号はどんな特集があるか、どんな新作があるかなと封を開けるのを楽しみにしています。



作務衣を作業着だけにしておくのはもったいないじゃないですか。今では休日に家でくつろぐ時や、正月など客を迎える時にも作務衣を着ていきます。



「作務衣かたろぐ」は商品を売るだけでなく、どんな時に着たら良いかなどTPOの参考にもなるので、じっくり拝見しています。これからも新作の開発をよろしくお願いします。



「すずめ庵」東武野田線 豊四季駅下車、徒歩約15分



作務衣ファンからの皆様のお便りを募集しています。作務衣を着たあなたをぜひご紹介下さい。

- トラックバック (0) -