日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 絹作務衣

正絹 謹寿角袖羽織(しょうけん きんじゅかくそではおり)


年賀の訪問に羽織は欠かせない――。とくれば、ここは別格の角袖羽織でとどめをさす。



極めつけの作務衣を着ての年賀のご訪問なら、羽織を忘れては、まさに画竜点睛を欠く…。



年賀の挨拶といえば、その人の新年にかける意気込み具合、決意の表明ともとれるもの。ならば、ここはひとつ、めでたさ尽くしの格調高き羽織を合わせ、堂々の主張にて参りましょう。



それも先様への尊敬の念を込めて、礼にかなった角袖羽織を颯爽とまとって臨んでいただきたいと思います。



「正絹刺子織作務衣 謹寿」と共布で仕立てたそのひと振りを合わせれば、作務衣と共に醸し出る気高い流麗さに思わず息を呑むほど…。その趣味の良さに大向こうから“いよっ!”とかけ声がかかりそう。この伝統美、決して着逃せません。
- トラックバック (0) -