日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 絹作務衣

正絹作務衣 桔梗紺と羽織(しょうけんさむえ ききょうこんとはおり)


当会が誇る“絹の作務衣”シリーズに新しい一着が加わります。



この新作、素材はもちろん正絹100%。色合いはご覧の通り。これまで絹のシリーズは彩りの開発という一面を持っていましたが、今回は初心に戻るという意味も込めて伝統的な“紺”です。



とは言え、一捻り加えることは忘れていません。

遠目には分かりませんが寄ってみると、織模様が鮮やかに表情を作っています。これが<網代(あじろ)織り市松(いちまつ)くずし>。あの“市松”模様に少し変化を加えた何とも粋な織り柄です。



今の彩りに奥床しい織り柄が絹ならではの輝きをさらに奥深く気品に満ちたものとした一着。作品の手応えは十分です。

- トラックバック (0) -