日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 絹作務衣

重ね織作務衣 招福と羽織(しょうけんさむえ しょうふくとはおり)


笑う門には福来たる。笑顔と福を招く、お正月の作務衣です。



時代の変わる節目だからこそ、はなから笑って福を寿ぎ過ごしたい…。

そんな福福しい想いを込めたのが、新作「重ね織作務衣 招福」です。その開発記念と、この一年のご愛顧に感謝を込めましてお披露目させていただきます。



来たるお正月は例年とは別格。新しい時代への門出です。だからこそ、会員の方々には、より華やかに、より愉快に新年をお迎えいただきたい。

私どもでは今回、その想いを新作開発の際の基本の考え方、そして課題として、自らに託しました。つまり…







先染めの糸を用いた落ち着いたグレーの彩り、重ね織によりかもし出されるシルクのような光沢。暖かさも格別、丸洗いでシワになりにくい、お正月をお得な気分でしかもお洒落にする一着です。

- トラックバック (0) -