日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
93~94年の作務衣 , 絹作務衣

正絹作務衣 祇園松(しょうけんさむえ ぎおんまつ)


絹古彩シリーズにさらなる彩りを求めて、今回、皆様にご呈示するのが緑色の新作「祇園松」です。この緑彩のご希望は当初より強くあったのですが、敢えてここまで待たせていただきました。順を踏みたかったからです。



光の具合によって彩りが微妙に変化



緑といっても、できるだけ押さえた色合いに仕上げました。と申しますのも、絹という素材は内部からの反射光が表面に透過して、鮮明度の高い発色が得られるという性質を持っているため、少し押さえ気味にしないと作務衣ならではの“渋さ”が吹っ飛んでしまいます。



名付けて「祇園松」。釈迦が説法した僧侶として知られる祇園精舎を思うも良し、また京都の花街に想いを寄せるのもまた良し…潔さと粋さを合わせ持つ一着です。



絹独特のぬめり(弾力のある柔らかさ)、さらりとした肌ざわりなど、着心地の良さも抜群。それに、普段着としてさり気なく“絹”を着る感覚――この気分が何よりでしょう。
- トラックバック (0) -