日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
95~96年の作務衣 , 絹作務衣 , 袴&和服アンサンブル

正絹 袴アンサンブル 銀鼠(しょうけん はかまあんさんぶる ぎんねず)


またひとつ、新しい様式美の誕生です。今度、結婚式に着ていくよ――という声も。



野袴ではなく、本格的な袴を作務衣に合わせてみたらいかがなものか――こんな会員の方からのご提案をひとつの形にしてみました。作務衣の上衣に"馬乗り袴"、さらに作務衣用の袖なし羽織をセットして完成したのが、ご覧のようなアンサンブルです。



素材は、作務衣・袴・羽織全て正絹。明るい鼠色に滋味あふれる織り模様が広がり、自然の中に溶け込むような素材をかもし出しています。それでいながら同時に、アンサンブルとして全体の調和から生まれる独特の気品は圧巻。

開発した私どもでさえ、いいなァ…とつぶやくほどの出来ばえとなりました。



実際、人気も上々。「いいねぇ、今度これで知人の結婚式に出てみようと思ってる」と嬉しいお便りも寄せられています。



従来の和装アンサンブルに勝るとも劣らぬ新しい様式美の誕生。四季を通してお召しになれますので、この機会にお求めになられてはいかがでしょうか。

- トラックバック (0) -