日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 絹作務衣

正絹総裏付作務衣 緑寿(しょうけんそううらつきさむえ りょくじゅ)


お正月にふさわしい絹の作務衣を総裏起毛ウールで仕立てた、正絹作務衣 緑寿。お正月に絹の作務衣が着たいとの声に応えて昨年発表した「総裏付」が大変な評判。今年も色違いを、とのご要望。



そこで格調の高さで人気の緑系作務衣「祇園松」の布地に総裏をつけ、暖かい正月用の正絹作務衣に仕立て上げ、「緑寿」と名付けました。



裏地はすべて“起毛ウール”で、その温もりが五体を包み、心の和みが実感できるお正月の主人公らしい作務衣です。
- トラックバック (0) -