日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

藍・LOVE・STORY(5)


五十年ぶりに復活『藍の初染めの儀式』

その1・愛染明王と藍染の儀式




この先に「愛染明王(あいぜんみょうおう)」という仏閣がありまして、私たちはいつも「愛染さま、愛染さま」と呼んでいます。



この愛染明王を、江戸時代から明治の末まで、毎年1月26日に参拝する儀式がありました。



この日は、江戸の染めもの屋を始めとして、藍問屋、藍染屋、藍の栽培農家、藍染を織る人たちがみ~んな集まって、「愛染明王」に感謝と祈願を捧げるのです。



この愛染明王におまいりすることを「愛染講」といいまして、参拝が終わると人々は帰りに熊谷で山おろし(今でいう精進落とし)をした訳です。

これが熊谷遊郭の始まりだといわれています。



この愛染講とは別に、毎年正月2日に「藍の初染めの儀式」がありました。



この儀式は、正月に初商いされる藍玉を藍ガメに入れて発行させ、この中に紙を入れて染めたものを神(これも結局愛染明王なのですが)に奉納するものです。



そして去年一年間の感謝をささげると共に、新たな年の藍染めがうまく染まりますようにと祈願する訳です。



しかし、この藍の初染めの儀式も、藍染の衰退と共に、ずっと途絶えていました。

- トラックバック (0) -