日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
95~96年の作務衣 , 透かし作務衣

紗つむぎ作務衣(しゃつむぎさむえ)


ほどよい透かしと、シャリ感のある肌ざわりは、まさに盛夏の一着。



この「紗つむぎ作務衣」は道楽価格ではなく、誰でも手軽に求められる価格とするため、素材は絹にかわり、その光沢が最も絹に近いとされるポリエステルを使用。



それに、紬の特徴を再現するために、太さが一定せずに太細の変化がある糸を使った昔ながらの織り…と徹底して紗紬の風合いを求めています。



そして、名門桐生が本腰を入れただけに仕立て上がった「紗つむぎ作務衣」の出来栄えはびっくりするほど。素材をあかさなければ、昔ながらの紗つむぎだと言う人もいるほどです。



写真のように、いかにも涼しげな透明感。そして、太さが不均一な糸と強い撚りから生じるシャリ感の心地よさは抜群。汗をかいてもサラッとして肌にべとつかない風合いが得られます。



夏の陽射しの中でひときわ映えた、おじいちゃんの紗紬。その風合いが見事に再現されたというわけです。
- トラックバック (0) -