日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 透かし作務衣

縦紗作務衣 沢緑(たてしゃさむえ さわみどり)


シャリ感と清涼感。周囲の目にも涼を呼ぶ。



縦紗(たてしゃ)と呼ばれる、江戸時代から伝わる技法を採り入れた織りが実に印象的。



縦糸一本毎に経糸に捩れ目を造るという独特のもので、それにより微妙な透かし加減の味わい深い生地を創り上げました。



通常の紗を数段越えた、心地よいそのシャリ感と清涼感は、着る方の満足感に加え、「周囲の目にも涼を呼ぶ」絶品。



季節先取りで袖を通せば、いつにも増して凛と背筋が伸び、行き交う人の熱い視線を、より多く集めること請け合いです。
- トラックバック (0) -