日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 透かし作務衣

駒絽作務衣 嵯峨野・葉山(こまろさむえ さがの・はやま)

「透かしの美学」の究極の贅――。季節を存分に楽しむための絽の誕生。

夏姿の究極は絽に尽きる、と言われるように、目にも風を呼ぶ絽の透明感は、この季節になるとお洒落の達人たちをはじめ、多くの人々に愛されてきました。



その、「透かしの美学」の究極版を創るべつ採用したのが、古来より伝わる「捩子織(もじりおり)」で織られた三本駒絽と呼ばれる生地でした。



夏着尺として、古くから大店の旦那衆などが好んで求めた高級感あふれる生地で仕立てた作務衣をまとえば、「いよっ、粋だね!」の声のひとつも飛んできそう。
- トラックバック (0) -