日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 麻作務衣

近江縮作務衣 絣柄


麻のシャリ感が快い涼を奏でる。

縁台に蚊遣り、ゆかたがけ…懐かしさと共に、最も日本的な情緒が残る夏です。



心身が伸びやかに解放される行動的な季節ですが、いかんせん日本は高温多湿、もっと快適にお洒落に過ごせる作務衣はないものか。



近江縮み作務衣は、そんな考えをもとに、趣豊かな夏をさらに心地よく楽しんでいただくために生まれた一着。



そのため、麻と綿を組み合わせた涼しげな布地を採用し、涼感あふれる「近江縮み」で仕立てました。



日本の夏に近江縮みの作務衣…手放せなくなること請け合いです。
- トラックバック (0) -