日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

透かしの美学・涼感溢れる夏の織物 絽(4)

季節を先取り、早目に絽を着るのが粋…。



目が粗く透間の多い紗は、通気性に優れていますが、その目の粗さゆえ、染めや模様が難しいことも。



通気性では紗に軍杯が上がりますが、染めや模様では、絽の方が優勢のようです。



どちらも古来から続く夏の代名詞、お好みでお選び頂くのが一番でしょう。



本来、絽は絹織物とされてきました。

ですが、涼感や染め…特に藍染仕上げということになると綿素材の絽織でしょう。さらに価格的な面も加わり、綿絽の人気が高くなってきています。



最近、和服を着る人が少なくなったものの、高級ゆかたや作務衣などにその優雅な涼味を生かそうとする傾向があり、注目です。



絽は典型的な夏の装いです。

しかし、愛好家の間ではひと季節早く着用するのが粋とされているようです。衣替えの五月半ば頃からという感じ。もちろん、盛夏まで約三ヶ月は絽の醍醐味が楽しめるというわけです。



簾と同様に、透かして見せることによって見る人まで爽やかにするというのですから、絽は何とも奥深い織物といえましょう。

- トラックバック (0) -