日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
95~96年の作務衣 , 透かし作務衣

緑紗作務衣(りょくしゃさむえ)

光を透かし、夏の主役をさらう。

麻がその感触で涼しさを感じるなら、視覚…つまり目で感じる涼しさもあります。その代表とも言うべきなのが、“絽”と“紗”と呼ばれる織物です。



当会もこれに挑戦。

まず、絽の作務衣「潮騒」を開発して世間をあっと言わせました。



そして春、そこまでは行くまい――という声に逆らうように「紗の作務衣」を発表しました。これが大評判。



藍紗の端正さに比べて、緑紗は“粋”な感じです。

- トラックバック (0) -