日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
95~96年の作務衣 , 透かし作務衣

綿絽作務衣 藍鼠(めんりょさむえ あいねず)


季節の光や風を採り込む。



見ているだけでも涼しげな色合いだと思いませんか。その上に五本絽の透間が光を通すのですから、気分は爽快の一言です。



綿素材の五本絽――当会の綿絽作務衣は、ひと季節早めに、春の終わり頃から着用を始められることをおすすめいたします。もちろん、盛夏まで絽の醍醐味を楽しむことができます。



絽や紗は、黒や紺など濃い色の方が透明感が強くて良い――という声もあるようですが、それは色が少なかった頃からの言い伝え。淡い色が見せる透明感はとても自然で柔らかく、心が和むものです。季節の光や風を採り込む一着、いかがでしょう。

- トラックバック (0) -