日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
95~96年の作務衣 , 透かし作務衣

銀紗作務衣(ぎんしゃさむえ)


古来から愛されてきた、透かしの美学。



絽や紗の“布地を透かす”という発想や技術は、二千年も昔に中国で生まれたといわれています。



細やかな美的感覚を持つ日本人にとって、この透かしの美学はとても好ましいものだったようで、絽や紗は古くより夏のお洒落には欠かせないものだったようです。



夏のお洒落の格上定番とされてきた紗。圧倒的な透明感を感じる銀紗作務衣には、静電気防止の加工も施されています。

- トラックバック (0) -