日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

大滝揚柳作務衣(おおたきようりゅうさむえ)


息をのむ“色彩の美学”。沈黙こそ最大の賞賛となる。



本物の芸術、真の美を目の前にした時、人は言葉を失います。大滝楊柳作務衣が出来上がったときの、当会のスタッフもそうでした。圧倒的なその彩りに誰もが息をのみ、唸るばかりで言葉にならなかったのです。



やがて誰かがつぶやくように、「楊柳の作務衣は人気を集め続けているが、これはそれを凌ぐぞ。傑作だ」と放った言葉に、一同深くうなずいたものでした。



その美しい色彩を醸し出しているのが、大滝織りと呼ばれる織り。この採用により、夏の作務衣として大きな人気を集めている楊柳作務衣の中でも群を抜く、まさに“色彩の美学”とも呼ぶべき品が誕生したのです。



何かと推奨の言葉を連ねたくなるのですが、今回はあえて、とにかく写真の商品をご覧あれとだけ言わせて頂きます。
- トラックバック (0) -