日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
◆年代で見る和服「作務衣」 , デニム&カジュアル作務衣

近江縮甚兵衛(おうみちぢみじんべい)


四百年の伝統を誇る“手もみ”の技法!



「縮み」とは、織物の表面に「しぼ」と呼ばれる独特の細かい凹凸をつけていく伝統的な技法です。



この近江縮、四百年の伝統を持つ手もみ技法で「しぼ取り」加工されています。そのため、肌との接触面が少なくべとつき感がなく、通風性にも富んでいますので清涼感は抜群です。



生地素材は麻45%、綿55%。しかも染めは本藍染――とまさに三拍子揃った高級甚兵衛です。



この夏の甚兵衛、もう単なる暑さ凌ぎの装いとはいえないようです。

- トラックバック (0) -