日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
87~90年の作務衣 , 染&織作務衣

利休茶作務衣(りきゅうちゃさむえ)


見る場所や角度によって色調が微妙に変化する!



この「利休茶作務衣」、説明のように自然の力を借りた一枚一枚の手染め。ですから、それぞれがまったく同じ色というわけにはいきません。もちろん、それは白と黒というような違いではなく、ごくごく微妙な違いです。



また、色の異なったタテ糸とヨコ糸の交織ですから、見る場所や角度によって微妙な色合いの変化が出ます。例えば家屋の中と、太陽の光の下――という具合です。それもこれも、手づくりの証明。逆に、だからこそ<利休茶作務衣>なのです。



布地はもちろん木綿100%。形や機能も、作務衣の基本様式をきちんと守っています。其の上での利休茶。作務衣に侘びの世界が加わりました。
- トラックバック (0) -