日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

高機能作務衣について


高機能に異論なし――会員の皆様の判定です。



伝統様式をきちんと守った作務衣、そして、今に生きながら新しい可能性を広げていく作務衣――私ども、「伝統芸術を着る会」では、作務衣には大きく分けてふたつの作務衣があると認識しています。



端的に言えば、前者は正藍染作務衣であり、後者はデニム作務衣であるということです。



素材や味わいの違いという程度で、それはたいした違いではないと私どもは考えています。



しかし、水をはじいたりシワを無くしたり…それも意図的に加工という形で成すことに関しては、意見の対立がありました。

そこで、会員の皆様に下駄をあずけた形で呈示したのが、“高機能作務衣”だったのです。



結果は、これが大好評。「高機能だから買う気になった」などの声が殺到したのです。



なるほど作務衣が奇抜なものでなくなり、洋服などと同じ次元で捉えられるようになったのなら、高機能加工は特別なことではありません。これもまた、今日に生きる作務衣なのです。
- トラックバック (0) -