日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
91~92年の作務衣 , 染&織作務衣

万葉百彩 茶葉染作務衣 掛川(まんようひゃくさい ちゃばぞめさむえ かけがわ)


陽の光満ちて、水清らか、おだやかなこの地に育まれ、八十八夜に摘まれし茶葉――。いま、密やかに鮮烈に色づく。



誰も成さず、まだ成し得なかった染の分野に、探究心旺盛な職人が挑み、これを成し遂げた。茶葉染作務衣の誕生である。



一着に千グラムもの茶葉を必要とし、手間と時間をかけ、ひたすら染め上る。こうして染まった色合いは、まさに香り立つが如き素朴さと溢れる気品を醸し出す。



滋味深き作務衣――名を、茶の産地“掛川”に戴き、颯爽と名乗り出る。

- トラックバック (0) -