日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
91~92年の作務衣 , 染&織作務衣

万葉百彩 茶葉染作務衣 掛川羽織(まんようひゃくさい ちゃばぞめさむえ かけがわはおり)


どんな作務衣にも合わせやすい――との声しきり。



羽織を合わせた“姿”の良さは、もう言わずもがな。「またお茶っ葉が要るなぁ…」と辻村啓介さん。ぼやきながらも、ハナから羽織は作るつもり。



羽織一枚で作務衣自体の格調が上がることは百も承知。同じ着るなら、作るなら…。



もう、羽織は高級作務衣の定番組み合わせになったようです。

- トラックバック (0) -