日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

緑茶染作務衣(りょくちゃぞめさむえ)


職人が、茶処は静岡の県産業技術センターの協力のもとに作り上げた、茶葉染作務衣「掛川」から5年。満を持して、この夏、緑茶の微妙な緑にこだわった新作「緑茶染作務衣」がデビューします。



かつて、3年もの歳月をかけて完成させた茶葉染作務衣



静岡県西ケ崎の八代目が「お茶染め」に挑戦し。3年もの歳月をかけた茶葉染作務衣「掛川」は、完成まで何度も試作を重ねました。



何しろ一着に一キロの一キロの茶葉を使うため、お茶の手配から始まり、そしてその後、お茶の煮出し、2時間の漬け込み、媒染1時間を4回繰り返す等、まさに気の遠くなるほどの手間がかかりました。



さすがに完成品の出来栄えは見事の一言に尽きましたが、当時は数多く作ることができず限られた皆様にしかお届けできない状態でした。

もう「お茶染めの作務衣」はないのかとお問い合わせ、ご要望を頂く度に、心苦しい思いをしたものです。



茶葉染めの経験を生かした新作緑茶染め。



ご要望には何としてでも応じさせて頂く、それも間に合わせでないものを…というのが当会の技術と心意気。前回の経験を生かし、着々と準備を重ね、新茶の登場を待って、新作発表にこぎつけました。



鮮やかな、香り立つようなお茶の緑の再現。緑茶染めならではの健康的な肌触りは、まさに緑風をまとうような着心地です。





味わい深い素朴な色合い…上質のお茶から生まれた「緑茶染作務衣」。



天と地と人に育まれ…八十八夜に摘まれし香り高き緑茶。今、各方面で注目を集めている、緑茶そのものから染め上げた作務衣が完成しました。



お茶の香りがしそうな上品な作務衣です。

- トラックバック (0) -