日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
93~94年の作務衣 , 染&織作務衣

樹木染作務衣 天竜と羽織(じゅもくぞめさむえ てんりゅうとはおり)


樹木で染めた作務衣には、目で見る香りがある。手触りで伝わる香りもある。空間が自然に蘇ってくる幻想がある。



作務衣としては異例の総裏地付となっています。



これは、一重の作務衣では冬が寒くて…という会員の皆さまの声、さらに試着会の時に「この裏地が付くと暖かい上にサラサラして、着たり脱いだりがとてもラク」というお言葉に対応したものです。



自然を纏う感覚、目や手触りで知る樹木の香り――自然と匠の技が一体化した一着です。

- トラックバック (0) -