日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

草木染作務衣 椚と桑(くさきぞめさむえ くぬぎとくわ)


しっかりとした手ごたえの生成りの綿を、社の木々から搾り採った樹液で染め上げる…素朴で清々しい草木染作務衣。袖を通せば木のぬくもりが伝わり、大木に抱かれ遊んだ懐かしい感触が蘇る。着込むほどに、しっくりと肌に馴染む、草木染ならではの味わいです。



「草木染作務衣 椚」は、草木染めならではの暖かみのある明るめの茶。椚の木肌のぬくもりが感じられます。

「草木染作務衣 桑」は、グレーに薄茶を合わせたような微妙な色合いの桑。素朴な風合いをお楽しみ下さい。

- トラックバック (0) -