日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

土布 香雲染作務衣 三笠(どふ こううんぞめさむえ みかさ)


圧倒的な風格は、静かな威厳までも醸し出す――。



もしも作務衣が人格を持ったならば、きっとこの作務衣はこう言うに違いありません。「私は着る方を選ぶ」と。



当会の長い作務衣作りの歴史の中で、素材、染め、意匠、色合い、そのすべてにおいて至高というレベルを欲しいままにした作務衣はかつてありませんでした。

和装の世界で大きな話題を放っている、自然派志向で希少価値の高い「土布」と「香雲染め」を採用し、現代感覚あふれる洗練された意匠を施したその風格は、威厳をも感じさせ、圧倒的な存在感を醸し出しています。



ひとつひとつの全てが手作りであるため、出来上がった品はそれぞれ風合いや色合いが微妙に違います。だからこそ、この一着は、手に入れた方だけが堪能できる、世界に一つだけの一品と成り得るのです。



すべてが手作りのため寡作であることはもちろんですが、当会の最高峰を誇示する作務衣ですから、袖を通すことのできる幸運な方はそう多くはないはず。来客の際の先方の驚き、散策の道での行き過ぎる人々の羨望の眼差し、選ばれた方のみが味わえる優越の極みを、この一着で存分にご堪能下さい。

- トラックバック (0) -