日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話

匠、引退。有終の美を飾る。(3)

「段染」と「紋型織」の提案に興奮は高まる。







それからしばらくして入った一報に、スタッフはざわめきたちました。



「あのサ、今度の作務衣、段染めの糸を使って紋型織りで仕立ててみたんだけど」







"段染め"とは藍を用いてかせ糸を薄い部分と濃い部分に染め上げる手法。濃淡の出し具合が非常に難しく、仕上がりの織りを頭の中でしっかりと想定しなければできないという、まさに経験豊かな職人中の職人にこそ可能な染め。







しかも、その糸を、明治初期にヨーロッパより伝わり、平織、綾織、飛綾織の三つの織りの各々の良さがひとつの妙を生み出し。実に味わい深い表情を醸し出すといわれる"紋型織り"で仕立てるというのですから、スタッフの興奮も当然至極。







ところが、騒然とするスタッフに秋元さんは追い討ちをかけるようにこう言ったのです。



「それからサ、もう一着、正絹を藍で染めたモノを創ろうと思うんだ」。







絹に藍を用いる――初の試みが匠の手で実現。







しかも、「正絹を藍で染めるだけではつまらない。他の染液を加えて風情のある色を出したいんだ」とのこと。







その微妙な彩りを創るために、染めの第一段階で刈安を加え正絹を黄に染め、その上に藍を重ねて染め上げる独特の手法を採るそうで、名付けて"二藍(ふたあい)"。染め上がれば、青とも緑ともつかぬ、えも言われぬ独特の彩りになるとのこと。







秋元さんが採用しようという手法は、どれも初の試み。そしてついに完成した作務衣は、匠の集大成にふさわしい、貴重価値の高い逸品となりました。







それを今回、当カタログで紹介できることに、伝統芸術を提供し続ける私どもとして深い誇りを覚えると共に、偉大な金字塔を築いた秋元さんに惜しみない拍手を贈りたいと思います。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

匠、引退。有終の美を飾る。(2)

作務衣の立役者から突然の引退話が…







その名匠とは、武州にその人ありと言われ、数々の伝説的名作を生んだ、あの秋元一二さん。引退して、これからは後進に未知を譲り、その育成に努めたいという、まさに寝耳に水の打診を受けたのが約半年前。







しかし、私どもの独創的な作務衣は秋元さんという匠がいたからこそできたもの。引退なんてとんでもない、と大慌てで仕事場へ駆けつけ説得したのですが、作務衣創り同様、その決意も頑固一徹。残念ながら、しぶしぶ引退話を受け入れるしかありませんでした。







これもまた、秋元さんの次なる実りへの人生の種蒔きなのだとは思いつつも、一抹の寂しさは拭えません。それほど巨匠の存在は大きなものだったのです。







"藍は愛なり"究極の逸品創り始まる。







しかし首をうなだれてばかりでは実りもなし。ここは一番、引退の花道を飾るにふさわしい、独創豊かな作務衣を創ってもらおうということに相成りました。







秋元さんといえば藍一筋。その匠の仕事ぶりは周知の通り。「藍を扱うにはサ、愛が必要なんだ。自然のモノってすごく手がかかるだろ。愛情がなければ納得の染めはできないんだヨ」。その哲学のなせる技か、秋元さんの藍の作務衣は女性ファンも実に多く、どれほどのたおやかなため息が流れたことか。







だからこそ、最後の仕事となれば、どれほど手間と代価がかかっても構わない。ここはひとつ、ファン待望の究極の藍の作務衣創りに挑戦していただきたいとの私どもの依頼に、「いいねぇ、久々に燃えるよ」と快諾の秋元さん。かくして、匠の技の劇的な創造が始まりました。



- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

匠、引退。有終の美を飾る。(1)

季節のはざまに暮る、次なる実りへの思い。







ある地方の豪農に代々言い伝えられている訓戒をひとつ。



『夢のような収穫を謳歌するには、土づくりと種蒔きに、現実の汗の大半を注ぐべし』。



春夏秋冬、季節ごとの大いなる実りには、そのはざまにこそしかるべきものがあると諭した先人の言葉には実に深く身にしみいる含蓄があります。







四季のただなかに生の喜びを見つけるのは当然しごく。しかし、それと共に、移ろい行く季節のはざまには、四季という自然の恵みを得た私たち日本人だけが見つけ、味わうことのできる、風雅、活力、趣が脈々と流れ続けているのです。



 



人生もまたしかり。移ろいつつ事を成す。







その季節の移ろいに含まれた趣は、人の生き方にも相通じるもの。例えば、職人が創り出す作務衣が四季の華であるとするならば、その人の経験と休みない練磨、後進の指導や育成は、いわば種蒔きの時期。



そんな道を経てこそ、四季の作務衣という大輪を咲かせることができるのですから。







そして今回、移ろう季節の例えのごとく、ある名職人の引退を、会員の皆様にお知らせしなければならなくなりました。



- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

歴史の中で安らぎを染め出す。阿波の藍。(3)

寝せ込みから100日、すくもが巣立つ。







11月に入っても「切り返し」の作業が丁寧に続けられ、合計で22~23回位の時点までが、すくもの仕上がりの目処とされます。







そして12月。寝せ込みから数えて約100日で、ようやくすくもは仕上がります。



仕上がったすくもは、家号の印を押した「叺(かます)」に一俵あたり15貫(56.25キロ)を入れ、縄で縛り、全国の紺屋に向けて出荷されます。







こうして巣立ったすくもは、紺屋で可溶化され、阿波の藍染めとして職人だちの手により染め上げられ、多くの人々を魅了してゆくのです。







職人のすくもにかける愛情がいい藍を育む。自然と人がしっかりと見つめあう瞬間だ。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

歴史の中で安らぎを染め出す。阿波の藍。(2)

自然と人の技に育まれる、阿波藍の生涯。







3月上旬。藍の種蒔きは大安の日を選んで行われます。種の大きさは約2ミリ。この小さな粒に願いを込めて、蒔き終えた後は、お神酒を奉り一年の豊作を祈願します。







6月下旬から7月上旬。梅雨が明けてから藍葉を刈り取ります。はじめての刈り取りを「一番刈り」といい、昔は刃渡り18センチもの大型の鎌「藍刈り鎌」を用いて手作業で行われていたそうです。







9月上旬。大安の日を選んで、その年の「すくも」造りが始められます。まず、「寝床(ねとこ)」と呼ばれるすぐもの製造場所に一番刈りの葉を入れます。これがすくもの製造の第一歩で、「寝せ込み」と呼ばれるもの。



その後、5日毎に水を打ち、「切り返し」という混ぜ作業を13回ほど繰り返します。これは長年の経験を要するもので、ベテランの「水師(みずし)」と呼ばれる職人が担当します。







徳島の地に南方からツバメが帰ってくる時期に種を蒔く。



一ヶ月後、2センチ四方に2~3本が残るように間引く。



定植された苗は太陽の光と恵みを受け、すくすく育つ。



藍葉は「頭巾」と呼ばれる専用の保存袋に収められ、保管される。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

歴史の中で安らぎを染め出す。阿波の藍。(1)

「ジャパン・ブルー」として世界に知られる日本の藍。中でも希少価値で知られる阿波の藍の「すくも」作りを辿ってみると…。







阿波藍の起源は不明ですが、西暦の900年頃にはすでに藍の栽培を裏付ける記録が、ない内記寮に「阿波国の藍を以って最勝とする」とあります。これを見ても、藍が相当古くから人々の間で愛されていたことが分かります。







産業としての起こりは鎌倉時代で、藍が特産物として他国に大量に積み出された記録が残っているそうです。



最も栄えたのは江戸時代で、徳島藩の藍推奨策のもとに阿波の藍は全国を席巻し、藍大尽(あいだいじん)と呼ばれる富豪まで生み出すほどの人気を誇っていました。







その後、明治末期には科学染料の輸入と共に衰退しましたが、今日においては希少価値の高い伝統産業として注目を集めるのと同時に、天然藍に魅せられた人々によって、ファッション用品はもちろん、藍の特徴をモチーフにした様々な商品開発が行われています。







また、藍独特の方向は持続性があり、衣類などの虫除け、消臭作用などの薬用効果があると言われ、その特性が現代人の抗菌感覚にマッチしたのか、最近では若い人たちの間でも藍染のファッションが目立つようになりました。







阿波藍も一時期は絶滅寸前という危機に陥ったこともありましたが、時代との接点もあり、今では阿波藍と言えば高級藍染の代名詞ともなっています。


- トラックバック (0) -
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技 , 95~96年の作務衣 , 藍染作務衣

青淵紬(せいえんつむぎ)の再現に武州が燃えた!(2)

絹もいいけど、綿でやりたい。それもとびきりの素材で…。







タテ糸を正藍染の雨絣にて染め上げ、ヨコ糸を手紡ぎの糸と藍糸とを撚り合わせて織った紬織物――これが栄一翁をはじめ武州の豪農たちが好んで愛用した<青淵紬>である。







「絹でやるのかい?作務衣開発10周年記念なら、僕は綿でやりたいな。それも、とびきりの綿でね…」と石塚久雄さんからの提案。全員異論なし。10年もチームを組んでいるとこのへんのことはよく分かっている。







というわけで素材は<トルファン綿>を使うこととなった。



トルファンとは、中国新疆ウイグル地区シルクロード天山南路の東北部の地名である。この地で得られる綿糸は、毛足が非常に長く、シルクに近い艶があり、天然綿の宝石といわれている。その性質を利用して、超極細糸が紡がれる。しかし、生産量は極く微量。その意味からも、絹に勝るとも劣らぬ素材といえるだろう。







トルファンを染められる――と、藍染師秋元一二さんがワクワクしている。石塚さんの頭の中は、もう紬織りのことでいっぱい。創織作家としての好奇心がムクムクと頭をもたげてきている。渓水さんはカメに付きっきり。







ここまでくればもう大丈夫。余計な口出しはしない方がいい。今回の作務衣づくりのコンセプトは十分に伝わっているから、後は彼らの技の冴えを見せてもらうだけである。



- トラックバック (0) -
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技 , カタログ和服こぼれ話

武州の職人集団「伝統工芸士」の認定

<伝統工芸士>の公的認定がおなじみ武州の職人チームに!







本人たちは望まなくとも、その実力は世に知れます。おなじみ武州の職人集団に「伝統工芸士」の認定が成されました。







代表して藍建師の青木渓水さんが受賞。95年1月、青木渓水氏の「伝統工芸士」の認定を記念した受賞パーティーが関係者多数の参列を得て盛大に行われました。







今さら…という感じもしますが、やはり公的認定は当会としても嬉しい限りです。


- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

桐生の織物――歴史につちかわれた織物の里を訪ねて(2)


工夫と先取の気性から生まれた「桐生織」



桐生は江戸時代から織物都市として発展を見せ、その影響で、堺、京都、近江、名古屋、江戸などの商人、関東、甲信越、能登の職人などが多数行き交い、華やかな桐生文化が形成されてゆきました。



人々の気質は、竹を割ったようなさっぱりとした気性の人が多く、お祭りが大好きでとても陽気。それが先取の精神とあいまって、工夫、改良、発明が盛んとなり、これが桐生の織物の発展の要因のひとつにもなっています。



その創意工夫から生まれた『桐生織』には「お召織」「緯綿織」「経綿織」「風通織」「浮経織」「経絣紋織」「もどり織」という、代表的な7つの技法があり、昭和52年10月、通商産業大臣から伝統的工芸品に認定されています。本誌22ページの右上に掲載されたマーク(伝統証紙)がそのあかし。



認定を受ける条件はなかなか厳しく、



とされ、長い歴史につちかわれた、真の伝統工芸でなければ受けることができない貴重な織であることが分かります。



絶え間なき技術の研鑽により磨かれ続けた「桐生織」。その存在を前にしたとき、装いとしてまとってみたくなるのは、桐生織りが秘めたドラマの成せる技なのでしょうか。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

桐生の織物――歴史につちかわれた織物の里を訪ねて(1)


伝統と進取の気性が時を紡ぐ、桐生。



ところは関東平野の北部。国定忠治で有名な名峰赤城山を仰ぎ、渡良瀬川と桐生川の清流にはさまれた、風光明媚な織物の里、桐生を今回は訪ねてみました。



はるか昔のロマンスから生まれた桐生の織物



桐生と云えば織物産業が盛んで、世に名を馳せる桐生織物が有名ですが、その起源ははっきりとはしていません。一説では、遠く47代淳仁天皇の時代(一二〇〇年前)に遡ると云われ、こんな逸話が伝えられています。



その時代、桐生在郷の人である山田某が、天皇家に仕える白滝姫を恋慕い、これを歌に呼んだことが偶然天皇の目に留まり、やがて白滝姫は山田某に嫁ぐことを許されました。二人は手を取り合って桐生に帰り、やがて養蚕や機織りにあかるかった白滝姫の手ほどきにより、村人たちがこれを修得したのが桐生織物の始まりと云われています。



元中年間(一三八四~一三九二)には産物として他国へ移出するようになり、これが仁多山絹(にたやまきぬ)と呼ばれたものであったとされ、それ以前には新田義貞が生品の森に兵を挙げ、この絹で旗印をつくって鎌倉幕府を滅ぼしたという非常に運命的なドラマが起こっています。



慶長五年(一六〇〇)、徳川家康が小山にいた軍を急に関ヶ原に返す時、急便を送って旗絹を求めたところ、わずか一日ほどで二千四百疋を集めたとも云われ、江戸時代末期には東洋で最初のマニファクチュア(工場制手工場)の生産形態を確立。



その後ますます、織物の里としての桐生の名は高まり、現在に至っていくのです。

- トラックバック (0) -