日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

コーデュロイ作務衣 銀嶺


ヨーロッパのエスプリと和の様式が心地良く昇華・調和したコーデュロイ。



その昔、西欧のある王様が、白の兵士にこの布地の服を着せたところ、とても美しく立派に見えた―という話から名付けられたコーデュロイ(王様の畝)。この布地の特徴は、平織りの地の上にパイル織りを重ねて、毛緯をタテ糸の上に浮かせ、その浮いた毛緯を中央で剪毛(切断)して毛羽立たせ、タテ方向に畝を走らせることにあります。



畝が創り出す独特の表情と光沢にぞっこん



ヨーロッパのエスプリが香り立つ、このコーデュロイ独特の“畝模様”を存分に活かし、和の様式と見事に昇華させたのが、コーデュロイ作務衣の最新作「銀嶺」です。彩りは、装いの旬であるこの季節にしっくりと落ち着いた雰囲気で溶け込むシルバーグレー。縦に走る畝の織りの効果により、記事がまるでシルクのようにしっとりと落ち着いた、上品な光沢を放っているのがたまりません。



さらにその畝が身体の動きや光の加減で彩りの具合を微細に変化させ、単なるグレーではない、実に無数の深みのある表情を醸し出しているのもコーデュロイならではの魅力のひとつ。この季節の柔らかな光の中でご覧いただければ、その美しさは一目瞭然…。



もちろん保温性も豊か、着こなしも実に幅広く。



とはいえ戸外は寒いから…などとご心配なく。二重織りによる仕立てですから保温性も驚くほど豊かで、しかも肩の凝らない軽やかさがまた嬉しい。着こなしにおいても、さすがは和洋の利を調和させた一着。長袖のTシャツやスニーカーなどを合わせても、実にしっくりとまとまり、和洋折衷の粋な着こなしも存分にご堪能いただけます。
- トラックバック (0) -