日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

カシミヤウール作務衣


軽く、柔らかく、暖かい…ウールの王様を作務衣で着る!



カシミヤ…その素材の優美で豪奢な響から、あなたはどんな着心地を想像しますか?肩の凝らない軽さ、寒風を感じさせない暖かさ、柔らかく絶品の肌触りなどなど…その天然素材の魅力すべてを、これもまた魅力的な様々な利点を秘めた天然素材ウールと合わせて、より暖かく、さらに高級感を醸し出すよう仕立てたのが、ご覧の「カシミヤウール作務衣」です。



当初はカシミヤのみで…という何とも贅沢な開発意図があったのですが、布地の専門家などに意見を求めた結果、作務衣という装いに仕立てる場合には、カシミヤを25%の割合で混紡する方が、生地、織り、仕立などすべての面でバランスが最もいい、ということになり、天然素材ウールとのダブルキャストと相成った次第。



そのおかげか、全体的に細やかな霜降り調が生地に生まれ、より格調の高さが感じられる変化に富んだ表情が愉しめるのも大きな魅力です。カシミヤをまとう…それだけでも思わず背筋が伸びる一着。秋の街の視線はもうあなたのものです。
- トラックバック (0) -