日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 藍染作務衣

正絹正藍染作務衣 二藍と羽織(ぶしゅうしょうあいぞめさむえ ふたあいとはおり)

初めての試み、正絹と正藍の出会い。







染めの第一段階に刈安を加えた風情ある黄の彩り。その上に藍を重ねるという独特の手法から生まれた青とも緑ともつかぬ微妙な彩りが実に魅力的。その風合いに加え、絹の織りなすその着心地、光沢の素晴らしさはまさに貴重品とも呼ぶべきもの。







その作務衣をより完璧にするために羽織も創りましたので、お出かけの際にぜひお袖通しを。こちらの品も秋元一二の引退作品です。


- トラックバック (0) -