日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

キュプラ駒絽作務衣(きゅぷらこまろさむえ)


天然素材キュプラを採用、粋な涼を遊ぶ作務衣です。



風にそよぐ木々の透間から、ゆるやかに差し込む木漏れ日に涼しさを覚える季節がやってきました。それはいわば目で愉しむ心の涼感。その粋を清々しい装いに込めたのが「絽(ろ)」です。



夏姿の究極は絽に尽きる…といわれてきたように、絽の一着をご愛用いただいている会員の方々から大好評。ある会員の方は、「着たときの通気性の素晴らしさはもちろん、視覚的にも涼を感じさせるところがたまらない。古くから大店の旦那衆などが好んで求めたという高級感と透明感、夏着尺はやはり絽にとどめをさすね」と、もうぞっこんのご様子。



だからこそ、絽を作務衣に仕立てたシリーズは、紗のシリーズと共に、まさに両雄並び立つとばかりに、この季節になると引っ張りだこの状態となるのです。



さて、その待望の新作ですが、作務衣の専門館のこだわりをお見せ致したく、まず素材からこだわりました。絹のような光沢と優しさを持った天然素材キュプラを100%採用することにより、抜群の肌触りを実現。滑らかな袖通しの感触は、忘れられなくなるほど。



そこに撥水加工を施してありますから、これからの季節につきものの突然の雨にも慌てることがありません。彩りはご覧の通り、王道の紺を採用し、透けて見える肌着とのコントラストを強めることにより、視覚的な涼感をぐっと高めました。



暑いからと、ついつい手を抜きがちになるこれからの季節こそ、絽の作務衣にて、周りの視線を思う存分一人占めにしていただきたいと思います。


- トラックバック (0) -