日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

綿刺子織作務衣 黒無双(めんさしこおりさむえ くろむそう)


"綿刺子"といえば極めつけは黒。質感と素朴な味わいがたまらない。



刺子といえば冬…と云う常識を覆し、季節を問わずお求めになる方々が圧倒的に増えている、今まさにブーム真っ只中の刺子作務衣シリーズ。

その最新、最先鋒として遂に登場したのが、綿の黒刺子作務衣です。



会員の方々から、是が非でも黒を…という熱いご要望をいただきながら、なぜ今まで出さなかったのか…。僭越ながら云わせていただくと、ベストセラー作家が"これは!"と思う題材を我が子のように何年も大事にその胸の内にあたためて吟味し続ける心境にも似ている…とでも申しましょうか。それだけ、綿の刺子、しかも黒とくれば、当会としても何物にも代えがたいものがあったのです。



それを今回発表したのは、綿刺子の良さを熟知し愛していただく方が驚くほど増えたこと、そして奇しくも当会が創立15周年を迎えたことと合い重なって、"機は熟せり"、との意識が盛り上がったためなのです。いわばこれぞ綿刺子の真打ち。春夏に"黒のざっくり"を謳歌できる、当会自信の最新作です。

- トラックバック (0) -