日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

綿刺子織作務衣 若竹・茶(めんさしこおりさむえ わかたけ・ちゃ)


刺子が際立つ彩りが豊富なのも当会ならでは。



素朴な風合いが魅力の綿刺子も、今では爛熟と呼んでも過言ではないほどに彩りも実に豊富。彩りから刺子を選ぶ…という、他では味わえない楽しさをご提供できるのも、作務衣の専門館として装いの未踏の地を拓く当会ならではと自負しております。



若竹を思わせる爽やかな彩りが、女性の魅力により華やぎを添える…



当会作務衣のリラックス効果は言わずもがな。しかも、顔色を爽やかに見せる若竹の彩りの綿刺子とくればなおさらです。



折しも活動的な季節。普段の暮らしの中でお召しになられることはもちろん、お出かけの際にも、心を弾ませてくれる一着となること請け合いです。
- トラックバック (0) -