日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

新・作務衣 天馬(しん・さむえ てんま)


いにしえより伝わる陣羽織の意匠を施した羽織。袴の合理性と美しさを盛り込んだズボン。それらが一つに融合したこの格調、まさに“新・作務衣”なり。



新しい時代を見据えた上品な雰囲気と風格もさることながら、着用した際、全体のバランスを美しく見せる意匠の制度の高さもご注目いただきたいもの。



特に、袴を主題にしたズボンは、結び目を高めの位置できりりと見せることによる、お洒落の演出効果も抜群。すらりとした形が上着からの流れを集約し、より美しい立ち姿を作り出してくれます。



また、陣羽織の風雅を取り入れた羽織は、格調高く決める際には欠かせない必需品です。


- トラックバック (0) -