日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

新・作務衣 武州天馬(しん・さむえ ぶしゅうてんま)

藍空を駆けるが如きこの姿。







“武州を天馬のスタイルで仕立ててもらえないだろうか”



ある会員の方からいただいたこのご要望が、作務衣元年に際した私どもの新たな挑戦心を揺り動かし、今回の新作開発に至ったのですが、完成した作品をモデルに着てもらったときの立ち姿の美しさには、惚れ惚れいたしました。







いやはや、まさかこれほどの素晴らしい調和を見せるとは…。会員の方々の創造力と審美眼には、改めて敬服の意を表させていただきます。







厳選した綿糸を蓼藍の樹液で丹念に染め上げて醸し出す、染めの里・武州ならではの深い正藍染。



それを天馬の意匠にて仕上げた新作は、藍という美しい大空を得て、さらに高く、おおらかに飛翔する天馬の如き凛々しさです。







また、陣羽織の風雅を取り入れた羽織は、格調高く決める際には欠かせない必需品です。


- トラックバック (0) -