日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
藍染作務衣 , 97~98年の作務衣

本藍染すかし絣作務衣


まなざしに涼を呼ぶ。



袖を通すのが待ち遠しくなる八代目の新作は、本藍染めが醸し出す色合いと、透かしの加減が実に見事。真っ白な肌着を合わせれば、凛とした白さが透かされて、清烈なまでの涼感が目に飛び込んできます。



生地は糸の芯まで入り込むように念入りに藍で染め上げるという手法により色落ちしにくいため、汗のために洗濯回数の多くなる季節でも安心です。



個性的な意匠をまとい季節を存分にご堪能下さい



特筆したいのは、海に舞う波を思わせる、しばり絣を用いた縦の意匠。手作り感覚あふれる自然な織りが、シャリ感を高めるために配された霞のような横の織りとの相乗効果により、惚れ惚れするような個性を醸し出しています。



大好評の本黒作務衣にメッシュ機能を加えた玄人好みの一着です。「メッシュ織り本黒作務衣 玄」はこちら!

- トラックバック (0) -