日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
デニム&カジュアル作務衣 , 99~00年の作務衣

サマーウォーキング作務衣

いにしえの趣を作務衣で歩く







暑い夏。だからといって空調の効いた部屋の中にこもっていては、季節を愉しむための趣も、夏ならではの自然の涼味も発見することはできません。精神の開放を大いに謳歌せんとする作務衣ファンなら、ここはひとつ、えいやっと戸外へ足を踏み出しましょう。







それも単に歩くだけではなく、心の中にひとつのテーマを掲げてみると、まったく違った視野でいつもの風景が目に入るから不思議です。







当会が提唱する散策のテーマは『万葉びとの夏』







当会が散策のテーマとして提唱したいのは、“万葉びとの夏”。こんな時代だからこそ、豊かな自然と大らかな精神性の中で生きた、かの時代の人々の雅な心に想いを馳せつつ、自分なりの身近な場で、精神の開放を楽しんでいただきたいと思うからです。







着ていただきたいのはもちろん、新作の『サマーウォーキング作務衣』。昨年、“季節の旬を楽しもう”とのテーマのもと第1弾を発表し、おかげさまで大好評。ちょっとしたウォーキングブームを呼んだものでした。







そこで今回は、前述いたしましたように、昨年とは趣を変え、より雅な思い入れを込めて、万葉の装いによる散策を前面に押し出しました。そのためにも彩りも古来から伝わる御納戸鉄(おなんどてつ)と呼ばれる実に味わいと趣のあるものを採用。







汗を考慮して、生地は軽やかさで人気の楊柳を用い、全体に、“しぼ加工”を施してありますから、肌触りも涼感も前作以上。もちろん、ひと汗かいたら、ご自宅でジャブジャブと丸洗いもOKです。







サマーウォーキング作務衣をまとい、万葉びとの心と視線で歩けば、夏の暑さも雅な趣に姿を変えることでしょう。
- トラックバック (0) -