日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
染&織作務衣 , 01~02年の作務衣

紗紬作務衣(1)

目にも涼を呼ぶ紗と、洒落た紬との共演が実現しました。



着る方はもちろん、周囲の視線にも涼を呼ぶという和の粋な精神が込められた、夏の代表的な装いのひとつである「紗」。物理的にはもちろん、視覚的に涼感を呼び起こすという先人たちのお洒落な発想には、今の日本人が失ってしまった奥床しさや余裕が感じられ、つくづく頭の下がる想いが致します。



その素材を、古き佳き和の真髄を現代に蘇らせる、活かし広めるというコンセプトのもと、私どもではいち早く作務衣に採用し、「透かしの美学」としてシリーズ化して参りました。



「紗の透明感を作務衣で愉しめるなんて本当に粋な贅沢。肌着の白さが透かされ、清冽なまでの涼感がたまらないネ」



「夏の道を歩くと、周囲の視線が集まるのが分かる。この優越感は着たものにしか分からない」などと、おかげさまで評判しきり。
- トラックバック (0) -
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

ちりめん作務衣 丹後と羽織(2)

和の究極の技を作務衣に採用



「ちりめん」というと絹織物においては究極ともいうべき逸品。布地の表面を覆う独特の“しぼ”の味わいは、釣りの醍醐味が鮒にはじまり鮒に終わると言われるが如く、着物の魅力を追い求めた人が最後にたどり着くといわれるほど、和の真髄を表現したもの。



手入れも簡単、丸洗いもOK



しかし、「ちりめん」を着るとなると、どうしても気になるのが手入れの問題。雨に濡れると縮んでしまう、汚れると手入れに手間がかかる等、着るときに気を遣ってしまいます。とはいえ、作務衣自体が普段の生活に柔軟に対応し心おきなく着ていただくものである以上、高級感あふれる織りを採用した革新の一着といえ、汚れや手入れ等に懸念のあるものは作務衣とは言いがたく…。そのため、新作「ちりめん作務衣丹後」では、「ちりめん」の風合いを存分にお楽しみいただきながら作務衣の活動性も失わぬよう、素材にポリエステルを選択。ご自宅でも丸洗いできますから、悠々とその魅力をご堪能いただけます。
- トラックバック (0) -
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

ちりめん作務衣 丹後と羽織(1)

心身、装い心機一転の初春にて



初陽、初荷、初筆などなど…。事の初めは清々として、心地よいときめきに包まれるもの。身を清め、泰然自若と構え、衣服を正し事に臨む。軽やかな緊張感と共に踏み出す第一歩はまさに新しい歴史の始まりの瞬間でもありますが、さてここで一考。心身の正し方は千差万別、人それぞれの思いに拠るのですが、衣服は如何にあるべきなのか。



時、まさに、この一年を精神的にも左右する年のはじめ。単に装いとひと口にいえども、その人自身の今年にかける心意気を如実にあらわすもの。折りしも。昨年盛り上がった和の装いの大ブームは今年も続き、もはや流行ではなく、完全に定着するという声がマスコミ等でも叫ばれていることはご承知の通り。“やれやれ、時代がようやく我々に追いついたか”と内心大いにご満悦の会員の方も多いことと思います。



そこで私ども伝統芸術を着る会では、「和の元年」ともいえる今、ひとえにお薦めしたいのが、和の粋を極め、そこはかとない高級感と味わい、風格を生み出した新作「ちりめん作務衣」なのです
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

綿刺子蜂巣織作務衣 紺

大人気の蜂の巣に新色が登場しました。



遠目には微細な表情を兼ね備えた無地かと想わせる彩りの奥深さ・・・寄れば見事な蜂の巣模様、この粋はまさに作務衣の通好み。



織りは、じっくりと時間をかけて開発にのぞんだ結果生み出された、綿との相性を重視し開発した本邦初の「蜂巣織り」。自然の造形をモチーフに、野趣豊かに織り上げた深みが、格調と個性を醸していると、登場して日も浅いながら、早くも大人気になりました。



先染による綿100%の肌触りのいい丈夫な生地に、蜂の巣が細やかに配されたような織りの意匠が施され、これまでの綿の作務衣の中でも飛び抜けた個性と野趣あふれる表情は実に見事。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 絹作務衣

正絹作務衣 濃藍


官能の絹で春を遊ぶ粋。



しっとりとした輝きが魅力の生地の王者・絹。それは大人の男の渋い色気をより引き立てる官能的な素材。柔らかな季節の中で、しなやかに遊ぶ粋がそこにある。作務衣に正絹という大胆な融合で、大ブームを巻き起こした当会の正絹作務衣の第一号。寡黙でありながら艶と粋を放つ傑作品です。



風雪に耐え、年輪を重ねた大人の男には、渋い色気と艶がある。そんな男たちだからこそ、その装いには、天然の輝きが官能的な正絹の作務衣が似合うのです。無骨者の艶と、天然の官能の輝きがひとつになり、春という柔らかな季節の中にたたずむ時、それは類いまれな粋と美学になる…。



そこでお薦めしたいのは、ご覧の「正絹作務衣 農藍」。青く深い湖面が、優しい春の光に渋くゆるやかに輝くようなその格調高い表情は、正絹と藍の出会いならでは。袖通す時。自分では気づかないその色気に集まる視線に、あなたは気づくに違いありません。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 麻作務衣

本麻作務衣

これが本麻?デニムと見まごう一着です。



ストローのような素材構造で、吸汗性と放熱効果に優れた天然素材・本麻の魅力が、デニムのような個性的な外観で愉しめる斬新な一着。



ザックリとした着心地、吸汗性・放熱効果に優れた爽やかさ、季節を堪能する作務衣通に、ぜひ一着はお揃えいただきたい素材です。



見た目は軽やかで涼やかなデニム、しかしその実体は正真正銘の本麻100%の作務衣です。縦糸にブルーを、横糸に茶を用い、デニム風に交織にて織り上げ、本麻でありながらデニムの個性を醸し出すという、かつてない本麻作務衣を開発いたしました。



二色の糸の相乗効果により、身体の動きや光の変化で微妙な彩の表情が生まれ、その印象度は変幻自在で、着心地も実に涼やか。デニムですか?いえいえ本麻ですよ。そんな会話も交わせる、愛好家としては、密かな誇りをいだき、ほくそ笑むことができる、新しい個性派をぜひお手元にどうぞ。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

備長炭麻混スラブ作務衣(2)

エコロジーな時代を受けて、身体に優しい作務衣が誕生・・・



古き佳き部分は残しながら、時代と共に作務衣も生活環境の変化などに合わせて変わらなければならないという“作務衣進化論”を創作テーマのひとつとして掲げる当会は、早速その新素材に着目し採用を決定。紆余曲折はありましたが、ようやくのこと新作として、お披露目と相成りました。



遠目には無地、近くに寄れば身体の動きや光加減で、淡いかすり調の彩がひらめき、粋で涼やかな雰囲気を醸し出す。



備長炭の効能を存分に活かしたそのエコロジカルnあ特徴とは…●強力な遠赤外線効果により、暑い季節でもサラッとした爽快感。●汗の季節にうれしい消臭効果で、洗濯しても乾燥させれば効果回復。●マイナスイオンの効果で疲労感やストレスが解消され、精神的にも爽やかさが持続。●優れた抗菌効果により、ダニやカビの発生を抑え、清潔で安心。などなど、いいこと尽くし。



自然の力が生んだ効能の賜物を、古き佳き和の装いとして身にまとい、自然の中で作務衣ライフを味わうことの豊かな愉しさ…手放せない一着となること請け合いです。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

備長炭麻混スラブ作務衣(1)

健康的な生活に必要な成分をたっぷりと含み、抗菌・消臭効果にも優れた備長炭から作務衣が生まれた!



優れた自然エネルギーを発揮する塊として、いまや社会的にもすっかり認知された備長炭の効能。臭いや化学物質などの不純物を吸着分解する浄化作用。遠赤外線によるアトピー性皮膚炎などの治癒効果への期待。新陳代謝を促進し、副交感神経を刺激して精神を安定させるマイナスイオンの増加効果など、効能の素晴らしさは枚挙にいとまがありません。



その自然エネルギーを先進技術により繊維化したのが、服飾業界でも大変な話題を集めている木炭繊維「C21NX」です。



価値あふれる究極の木炭繊維



木炭繊維「C21NX」は、熟練した職人の手によって生み出される紀州備長炭を微粉砕し、高度な技術でポリエステルに練り込み繊維化したもの。当会ではその優れた効能に注目、遂に作務衣としての商品化に成功しました。
- トラックバック (0) -
染&織作務衣 , 97~98年の作務衣

久留米織作務衣(グレー)


伝統の久留米織作務衣がこのお値段で!



横の写真でお分かりいただけるでしょうか。面つむぎのなんとも言えぬ風合い、自然の光が織りなす久留米織独特の光沢…。今回初めてご紹介できることになりましたこの「久留米織作務衣」。上品な薄緑色の抑えめな色合いが、伝統の織の微妙な風情をいっそう引き立てて、見事な仕上がりとなっています。



このお値段で本格的な久留米織が楽しめる…久留米織の本場から届いた価値ある一着、お見逃しなきように…。
- トラックバック (0) -