日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
染&織作務衣 , 01~02年の作務衣

紗紬作務衣(1)

目にも涼を呼ぶ紗と、洒落た紬との共演が実現しました。



着る方はもちろん、周囲の視線にも涼を呼ぶという和の粋な精神が込められた、夏の代表的な装いのひとつである「紗」。物理的にはもちろん、視覚的に涼感を呼び起こすという先人たちのお洒落な発想には、今の日本人が失ってしまった奥床しさや余裕が感じられ、つくづく頭の下がる想いが致します。



その素材を、古き佳き和の真髄を現代に蘇らせる、活かし広めるというコンセプトのもと、私どもではいち早く作務衣に採用し、「透かしの美学」としてシリーズ化して参りました。



「紗の透明感を作務衣で愉しめるなんて本当に粋な贅沢。肌着の白さが透かされ、清冽なまでの涼感がたまらないネ」



「夏の道を歩くと、周囲の視線が集まるのが分かる。この優越感は着たものにしか分からない」などと、おかげさまで評判しきり。
- トラックバック (0) -
染&織作務衣 , 97~98年の作務衣

久留米織作務衣(グレー)


伝統の久留米織作務衣がこのお値段で!



横の写真でお分かりいただけるでしょうか。面つむぎのなんとも言えぬ風合い、自然の光が織りなす久留米織独特の光沢…。今回初めてご紹介できることになりましたこの「久留米織作務衣」。上品な薄緑色の抑えめな色合いが、伝統の織の微妙な風情をいっそう引き立てて、見事な仕上がりとなっています。



このお値段で本格的な久留米織が楽しめる…久留米織の本場から届いた価値ある一着、お見逃しなきように…。
- トラックバック (0) -