日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

刺子織ブルゾン

本藍染、綿100%  作・七代目 辻村辰利







伝統ある藍染刺子ブルゾンを作る―七代目辻村辰利の新しい感覚が大ヒット。前回発表した女性用「刺子織和風ブルゾン」が好評を博しました。女性だけでは片手落ち。今回、男性用「刺子織ブルゾン」を発表いたします。







男女共に、綿100%の本藍染刺子織。藍地の刺し模様に白糸による柄のコントラストが、すっきりしたイメージをかもし出しています。裏地の中には軽量のポリエステル綿をはさみ込んでキルティング加工。さらに、袖口は毛糸のひと目ゴム編みで絞っていますので、寒い冬のお出かけには最適。ごわごわしない薄手仕上げで、写真のように袖ぐりもたっぷり。ゆったりした着用感とシルエットが楽しめます。







同素材で仕立てとデザインをたがえていますのでペアで着用してもわざとらしくなく、見る人をして品の良さが伝わります。ブルゾンと藍染刺子―和洋のマッチングですから年齢を問わず着用できます。
- トラックバック (0) -