日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
03~04年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

高機能防臭立ち衿シャツ


好評の一着が、暖房での汗も気にならない防臭機能で登場!



肌着といえば、肌にじかに身につける、いわば着る方に最も近い装い。ですから、おめおめおろそかにはできません。当会ではご存知のように、実に多彩な肌着を取り揃えておりますが、それらを身に付けるか、はたまた若々しくTシャツでいくかは、皆さまのお好み次第ではございますが、大部分が隠れるからといって、適当に…というのは、せっかくの作務衣姿に画竜点睛を欠くというもの。目に付きにくいからこそ凝る、それこそ通の粋というものです。折りしも新年。新しい年は新しい肌着で迎えたい…そこで開発いたしましたのが、ご覧の「高機能防臭立ち衿シャツ」です。意匠は大正ロマンの粋で大好評の立ち衿を採用。



作務衣に合わせれば、襟元からのぞく立ち衿が、颯爽と闊歩する書生風で、実に粋な雰囲気と個性を醸し出してくれます。また、重ね着を考慮して、袖も七分袖にしてありますから、作務衣の袖からはみだすこともありません。さらに特筆は、カニキトサンを繊維に織り込み、、高機能防臭加工を施したこと。寒い冬に防臭?と首をかしげる方もいらっしゃるかもしれませんが、さにあらず。暖房がかなり効いている室内では、冬でも意外と汗をかいてしまうもの。だからこそ、汗をかいても気にならない防臭加工が重宝するというワケです。素材は綿とレーヨンの混紡で優しい肌触り。肌の敏感な方も安心して着られます。
- トラックバック (0) -