日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
87~90年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

キルティング・ロングベスト


昔から、「伊達の薄着」とは言うものの・・・



作務衣だけでの外出は、「やせ我慢」を絵に画いたようなもの。と言って毛糸のチョッキでは、なんとも、さまにならない。そこで、登場するのが、このキルティング・ロングベスト。



作務衣の下に着て、寒さを防ぐための、やや長めのチョッキです。このごろは、家の中は、暖房が完備していて、薄着でも過ごせますが、外にお出掛けとなりますと、やはり、何か下に着なくては、寒さは防げません。といって、ラクダのシャツでは、せっかくの作務衣のお洒落が台無しです。布地は、表、裏とも滑りが良くて動きの楽なナイロンで、中の綿はポリエステルです。丁寧にキルティング加工がしてありますから、着心地は満点です。



寒い冬は、用心に越したことはありません。このベストさえあれば、お気軽に作務衣姿で外出できます。風を通さない点では、毛糸よりも遥かにすぐれていることは、あなたもご存じの通りです。
- トラックバック (0) -