日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
藍染作務衣 , 91~92年の作務衣

正藍染 縮みシャツ

お洒落に夏をくつろぎたい…

なぜか胸がワクワク。なんだか身も心も解放されてしまいそうな――夏。
でも、解放感とだらしなさは別物。こんな季節だからこそ、こざっぱりと涼しげなお洒落でキメてみたいもの。それでもできるだけシンプルに。何気なく見えるシャツ姿でも、趣味の良さや気品が見る人に伝わるようなお洒落をご提案いたします。ショートパンツや帽子などを組み合わせてお楽しみください。ガラリとイメージを変えても、夏は寛容です。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 91~92年の作務衣

きびらのれん-生平暖簾-

麻の質感、シンプルなデザイン。なぜか-なつかしさを感じます。

麻の原糸をそのまま手紡ぎし、糸さらし(漂白)をしないまま平織りにした麻布を“生平”と言う。生平織では指折りの産地である近江から届けられた「きびらのれん」四点。手紡ぎ、手織り、そして麻の持つ素材さからただようさわやかさは、これからの季節には一服の清涼剤。分けてくぐるときの手ざわりの味もまた忘れがたく…。

生平の素朴さと爽やかさを生かした四作品をご紹介します。禅問答の如き「まる」、曲線が楽しい「ひさご」、素朴さ極まる「みの」、そして風のたなびきが伝わるような「むぎ」。いわゆる“のれん”として使うもよし、またお部屋のインテリアとしての使い方も面白いでしょう。
- トラックバック (0) -
◆作務衣と和服の豆知識 , 91~92年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

創作のれん-日本のまつり-(2)

祭りの熱気や掛け声までが部屋に満ち溢れるような暖簾-思わず引き込まれてしまう

京都が誇る染織デザイナー清水章夫氏が描き上げた力作<日本のまつり>シリーズのうちから三点<三社><七夕><竿灯>を御紹介いたします。

原始布織による本麻の硬質な質感の中に、それぞれの祭りの持つ伝統や情緒、そして熱気までもが香り立つように描かれています。粗目の生地に対して精緻を極めたデザインの対比はみごとの一語。もう、これは使うというより、アート・インテリアとして飾りたいほどの絶品。おはやしや掛け声、騒めきなどが部屋に満ちて-夏がやってきます。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 91~92年の作務衣

創作のれん-日本のまつり-(1)

原始布と呼ばれる古代織技法が、いま鮮やかに甦る-

まだ、木綿や絹がこの世に生まれる遥か昔から先人たちは、山野に自生する草や木の皮から糸を紡ぎ布を織っていた。この“原始布”と呼ばれる技法は、時を越え、細々ながらも何千年来ほとんど変わることなく現代に継承されている。確かに衣料素材としても役割はすでに終えているかもしれないが、手紡ぎ、手織りであるが故の粗目の質感や繊細さは捨てがたいものがある。

そこで、この原始布技法による“創作のれん”の開発がなされた。手紡ぎ手織りによる本麻の質感に加え、京版画の第一人者清水章夫氏の手になる芸術的なデザインが、原始布に新しい生命を灯したといえよう。使うというより、飾るにふさわしい――絶品である。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 91~92年の作務衣

二部式着物 正藍染飛騨刺子 ぼたん(2)

松坂木綿を正藍染古代裂をアクセントに。

正藍染の濃い藍地に白糸で刺した蝶の群舞。このコントラストの妙と端正なまでの美しさは着る人はもちろん、見るものの心をとらえてはなさないことでしょう。

素材は高級綿として有名な“松阪もめん”。染めは正藍染と本格派。また前作と同様に、蝶の頭部に“古代裂(こだいぎれ)”を使用。目立たず控えめでいながら、随所に高級感を配した奥ゆかしさこそ、飛騨刺子の情話といえましょう。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 91~92年の作務衣

二部式着物 正藍染飛騨刺子 ぼたん(1)

飛騨刺子の純朴な美しさが大好評!春の新作をお届けします。



前号で始めて登場した飛騨刺子の二部式が大変な評判を呼びました。当会としましても、二部式の先兵として送り込んだ自信作だっただけに嬉しさもひとしお。早速、春の新作をご用意させていただきました。



春を待ち望む思いを蝶に託して刺す――。



中部山脈の山間を縫うようにたどりつく飛騨高山。盆地特有の底冷えのする寒さが足元からはい上がってきます。この地で女性たちはその昔から、質素で素朴でありながら独創性に富んだ刺し模様を生み続けているのです。



外は一面の銀世界。炉端に座った母と娘が黙々と針を進めながら想うことは、やがて来る春への賛歌だったことでしょう。そんな想いが布地にみごとに描き出されています。草木が芽吹き、やがて花が咲き乱れる季節ともなれば、我が世の春とばかりに舞い踊る蝶々たち――。この蝶をモチーフに刺したのが、春の新作「てふてふ」です。
- トラックバック (0) -
藍染作務衣 , 91~92年の作務衣

藍飾り麻混 ルパシカ(2)

麻混の爽やかさと肌ざわりを重視!



立ち衿から両肩にかけて正藍叢雲絞り染の藍飾りを付け、ボタンはシンプルで着やすいように前開きにしました。また正藍染の帯ひもを使って大きくアクセントをつけました。



素材は、麻35%、綿65%の麻混。爽やかさや肌ざわりの素朴さを重視しています。身頃や袖はとにかくゆったり。帯ひもで長さは調節できます。左記のようにさまざまな着方ができますし、ズボンも好みに合わせてどうぞ。暑ければ袖を上げて半袖にもできます(ロールアップ)。



10歳は若く見えるな――という声もあり、お洒落感覚は抜群。散歩だけではもったいないこの季節にぴったりの一着です。
- トラックバック (0) -
藍染作務衣 , 91~92年の作務衣

藍飾り麻混 ルパシカ(1)

ゆったりと爽やかに涼しさ抜群-衿、肩の藍飾りと正藍染の帯ひもがなんとも印象的!



インバネスに続け――という気運が盛り上がっています。前号でご紹介したあの外套「インバネス」が大変な反響。これに気を良くしたわけではありませんが、世界の伝統的な装いに目を向けてみようということです。



そこで白羽の矢が立ったのが、ロシア民族衣装として名を馳せ、日本でも愛好家が多い「ルパシカ」でした。



例のように百科辞典の登場となったのですが、その表記によると<rubaska-ルバシカ>となっています。ただ、日本では昔からルパシカと呼んでいますので、私どももその呼び名ですすめます。このルパシカは、絵のようにブラウス風の上着でスタンドカラーと房のような帯ひもが特色。全体にゆったりとして作りでとても着やすそう。その意味では作務衣と相通じるものを感じます。第一次世界大戦後、世界各地で着られるようになり、日本でも芸術家たちが競って着たようでそのイメージが定着しています。



男の夏をお洒落に演出する!



このルパシカを、再現というより新しい型にアレンジして開発しようというのが今回の狙い。そして完成したのが写真のようなルパシカ。作務衣のズボンにピタリと決ったのには正直、驚きました。
- トラックバック (0) -
91~92年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

カシミアインバネス 高貴(ロイヤル)(2)

贅沢な風合い。異彩を放つダンディズム!







その人気を誇るインバネスに新作の登場です。名称は「カシミアインバネス高貴(ロイヤル)」文字通り、カシミア仕立てのインバネスです。インドの高冷な地、カシミール地方に生息するカシミア山羊の毛を綾織りにしたカシミア。天然繊維の王と呼ばれるこのカシミアでインバネスを仕上げようというのですから、当方も少なからずの緊張を強いられました。







しかし、一度インバネスを再現した経験は貴重で、「浪漫」のようなみごとな出来映えを得ることができました。撮影のとき、モデルさんの思いつきで被ったベレー帽もジャストフィット。非日常的でドラマ性の強い外套がますます異彩を放っています。







快い暖かさはお墨付き、軽さ、肌触りも抜群!







肌触りがよく、シルクのような光沢が得られ、柔らかく軽い―と定評のある高級素材“カシミア”による仕立てですから、快い暖かさはお墨付き。そして、この贅沢感は他に例えようがないほどです。
- トラックバック (0) -
91~92年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

カシミアインバネス 高貴(ロイヤル)(1)

天然繊維の王と言われる“カシミア”でインバネスを仕上げました。







あれからほぼ一年、早くも“今年も作るのか?”とか、“予約したいのだが・・・”といったお問い合わせが相次いでいます。あまりのご好評に、このインバネスについては、昨年より着々と準備をすすめてまいりました。







大好評!即完売!







昨年の冬号で発表したインバネスが大変な評判。あっという間に100着が完売。それは、まさにセンセーショナルな出来事でした。そして今年も・・・







まず、昨年の正藍染インバネス「浪漫」の量産態勢づくり。さらに、要望の多いインバネスの高級化がスタッフに課された宿題でした。そして、「カシミアインバネス高貴(ロイヤル)」が誕生しました。つづく・・・
- トラックバック (0) -